fbpx

明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

彼女に惚れ直した瞬間

彼氏との付き合い方 恋愛心理学

彼女に惚れ直した瞬間を徹底調査!もう一度彼氏を惚れ直させよう

更新日:

「3がつく周期でカップルは破局しやすい」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

倦怠期の時期と乗り越え方
倦怠期はいつくるの?倦怠期の乗り越え方やNG例も紹介

恋人と会話をしても味気ない、また恋人の反応が薄い…… 気にしないようにしているのに相手の嫌な部分ばかり見えてしまう…… それってもしかすると、倦怠期ではありませんか? 倦怠期はどれだけ仲が良いカップル ...

しかし、味気ない恋愛が続いてしまうと、周期に関係なく倦怠期はやってきてしまうのです。

長期的に恋愛を続ける秘訣は、何度も相手に恋をすること。「最近、前のようなトキメキが無い…」「会ってもあんまり楽しくないな…」というような苦しいマンネリ期を乗り越えるためにも、付き合い立てのフレッシュな気持ちを取り戻してみましょう!

彼女に惚れ直した瞬間

感情を素直に表現してくれた時

恋活の始め方

男性は素直な女性に惹かれる生き物です。ツンデレ女子という言葉もありますが、あれはあくまで二次元の世界のお話。

現実で天邪鬼な態度を頻繁に取られていては、次第にうんざりしてしまいます。相手に対して感じたことは、言葉や行動で伝えるようにしましょう。

例えば、何かをしてもらったときに「ありがとう」と伝えますよね。たったこれだけのことでも、長い付き合いになるとおざなりになってしまうことがあります。

家事を手伝ってもらったり、何かを持ってもらったりといった些細なことでも「してもらった」と感じたのであれば感謝を伝えてあげてください。彼は何気なくしたことかもしれませんが、感謝されることを不快に思う人はいませんからね。

また、彼への好意を行動や言葉で伝えることで「この人は僕のことが好きなのだな」と改めて実感させることができます。

言葉にしなくても伝わる関係というのももちろんありますが、恋人同士である以上、好意は惜しみなく伝えていきましょう。

その他にも、デートに行ったときに「楽しいね!」と伝えることも大切です。お互いに貴重なお休みを割いているわけですし、2人だけの時間を楽しいものにする努力はするべきです。

彼も「連れてきてよかった」満足することができますし、あなたを喜ばせたいという気持ちから、次のデートも入念にプランを組んでくれることでしょう。

人づてに恋人からあなたへの想いを聞いた時

友達に話しを聞いてもらう女性

あなた自身からではなく、周囲の人から「あなたの彼女がこんなこと言っていたよ」と聞いた時に、つい嬉しくなってしまう男性もいるようです。

恋人に対して不満がある場合は友人に惚気話をすることは少ないですよね。その前提があるからこそ、本人から好意を伝えられる以上に、あなたから愛されている実感を抱きやすいのではないでしょうか。

また、それだけではなく「僕は自慢できる彼氏になれているのか」という安心感を与えることもできます。

友人に「伝えておいて!」とお願いするのは難しいかもしれませんが、恋人が不安がっているようであれば試してみても良いかもしれませんね。

看病をしてくれた時

看病をしてくれる彼女

病気になると心身ともに弱ってしまいます。関白亭主気味の男性や、あなたに対して高圧的な男性であったとしても、このときばかりは助けてほしいと思うでしょう。

倦怠期の時期はどうしても接触が薄れてしまいますが、恋人の病気をきっかけに親身にお世話をしてあげることで、お互いの大切さを再確認することができます。

また、恋人に対して何かを作ってあげたり、薬や食べられそうなものを買ってあげることで「私はまだこの人のことが大好きだ」と、自身の気持ちも見つめなおせます。

お互いの気持ちが離れている時こそ献身的なサポートをしてあげることが、恋愛を継続させるポイントです。

とびきりのオシャレをしてくれた時

彼氏のためにおしゃれをする女性

性別を問わず、恋人のために少しでも見栄えを良くしようとする姿は素敵ですよね。一生懸命オシャレをしたという気持ちが伝われば、それだけで愛おしくなってしまいます。

今日のために様々な努力をしてくれたのだと思うと、健気な恋人を手放したくないという気持ちが強まるのです。

また、オシャレをすることで惚れ直してくれる恋人は、オシャレがどれだけ時間と費用の掛かるものかを知っています。

つまり、今は違ったとしても相手もあなたのためにオシャレをしてくれていた時期があったということです。過去の気持ちを思い出させることで、あなたへの好意が募っていくのではないでしょうか。

髪の毛を切るといったイメチェンをした時

髪型を変えた女性

お付き合いをするにあたって、見た目よりも性格が大事になっていくのは確かですが、身だしなみを整えなくても良いという話ではありません。

常に自分が一番素敵に見えるスタイルを研究し、恋人として自慢できる存在でありたいと願うのは、恋愛を長続きさせるためにも必要だと思います。

そのため、恋人の好みを聞き髪型や服装をイメチェンするのは、倦怠期を乗り越えるうってつけの方法と言えます。

あまり似合っている自信が無かったとしても、恋人は自分の好みに寄せてくれた事実だけで喜んでくれるでしょう。

もちろん、似合っていれば惚れ直してくれること間違いなし!どっちに転んでも効果的な方法です。

間違いを指摘してくれた時

彼氏に間違いを指摘する女性

彼女に褒められたり、頼られることで男性はプライドを保つことができます。一方で、頭ごなしに否定をされたり、ヒステリックに批判ばかりされていると、どれだけおおらかな男性でもあなたへの気持ちは冷めてしまうでしょう。

とはいえ、褒めてばかりいては甘やかしにつながってしまい、お互いにとってあまりよくない関係性になってしまう可能性があります。

飴と鞭というように、褒めと叱責を適度なバランスで配置することが大切です。恋人が落ち込んでいたり、自信を失っている様子であれば、積極的に褒め、頼りにしていることを伝えてあげてください。

逆に、恋人が間違った方向へ進んでいたり、マナーの悪い行動をしているのを発見したら、その誤りにだけ重点を置くようにして指摘してあげましょう。

「だからあなたはダメなのよ」「情けない」というような性格の批判までしてしまうと、正しい指摘であってもへそを曲げて実践してくれなくなってしまいます。

ご機嫌取りをするだけでなく、間違いはきちんと指摘してくれるあなたの姿を見て、恋人は自分がどれだけ愛されているのかを実感することができるでしょう。

全てが正しい人間はいませんから、お互いのミスを指摘し合い、我慢できるところは譲歩し合う関係性を築くことができれば、結婚相手として見てもらえる可能性も高くなるのではないでしょうか。

 真剣な話をされた時

彼氏と真剣な話をする彼女

いつものんびりしている彼女が、本気で取り組んでいることや、将来の夢について話す姿を見ると、ギャップを感じて惚れ直す男性もいるようです。

冗談ばかり言っている男性が、仕事では真剣に取り組んでいる姿を見るとときめいてしまいますよね。それと同じ効果を与えることができるため、いつもは恥ずかしくて自分の話をしない女性も一度試してみることをオススメします。

また、彼があなたのことを結婚相手として考えていてくれているのであれば「これからの人生を一緒に歩みたい」と考えてくれているはず。

結婚するとなれば自身の将来像も照らし合わせる必要があるため、自然に真剣な話は増えていくかもしれませんね。

倦怠期だと思っていたのが、長期間一緒に過ごしたことによる「落ち着き」だった…という可能性もあります。お互いの好意を確認し合いながら、次のステップへと進むきっかけをつくれると良いですね。 

言葉に出さずとも気持ちを察してくれた時

彼氏の気持ちを察する女性

女性は男性に比べて、言葉にしなくても相手の気持ちを察する能力が高いと言われています。女性が「言わなくてもわかってよ!」というのは、彼女たちが言わなくてもある程度理解できるからこその発言だったのですね。

とはいっても、男性は言われないと理解することができないため、自分の当たり前が相手に通用すると考えず、しっかりと伝えてあげるようにしてください。

話はそれましたが、先ほどの話から女性は察知能力に優れていることが分かります。男性が思い悩んでいる時や機嫌が明らかに悪い時でも、いったい何によって機嫌が損なわれているのかを察知し、妥当な対策をとることができるのです。

話しかけて励ますのが正しいのか、あえて何も言わずにそっとしておくのが正しいのか…男性には見えない努力であったとしても、あなたのサポートによって穏やかに過ごすことができていると気づくはず。

「あなたは僕にとって必要な存在だ」と改めて実感することができるでしょう。 

まとめ

長くいればいる程、お互いの存在は当たり前になってしまいます。ずっと同じ相手と過ごしていることで、マンネリを迎えてしまうのは仕方のないことかもしれません。しかし、そのマンネリを乗り越えていくことで、より恋人との関係は深まっていきます。

上記のポイントは、意図的に起こすことができるものもいくつかありますよね。最近恋人と疎遠になってきていると感じた方は、お互いの好意を確認するためにもぜひチャレンジしてみてください。

今後の恋愛がより良いものになりますよう、応援しています。

-彼氏との付き合い方, 恋愛心理学

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.