fbpx

明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

ボルダリングでの出会い

女性向け 男性向け

ボルダリングに出会いってあるの?ボルダリングジムで出会うコツと注意点

更新日:

突然ですが、皆さんはボルダリングをご存知でしょうか?ボルダリングとはクライミングの一種で、壁についた突起を利用して上へ上へと登っていくスポーツです。

筋トレやダイエットへの効果があり、若い男女の中でとても話題になっています。また、ダイエット目的ではなく、単純にスポーツとして楽しんでいる人も多いようです。

さて、親しみやすいスポーツの新境地として人気を博しているボルダリングですが、若い男女が多く利用していることから、出会いの場としても機能していると言われているようです。

ということで今回は、実際にボルダリングを通じて出会いがあるのか?そして、もし出会いのであればどのように出会いへ発展させていけば良いのか?についてご紹介します。

ボルダリングに興味のある方や出会いが見つからずに悩んでいる方は、ぜひ見ていってくださいね。

ボルダリングに出会いがある理由

話す機会ができるため

ボルダリングで話す機会

ボルダリングの目的は壁に取り付けられた人工岩を登ってクリアすることです。挑戦する課題によっては難易度が高いものもあり、なかなか登れず苦難を強いられることもあるかもしれません。

しかし、課題を諦めずに挑戦していると、周囲の人が「頑張れ!」と応援してくれます。中には登り方のコツを教えてくれたり、道具を貸してくれることもあるようです。

つまり、ボルダリングは人と話す機会を作りやすいのです。「あの課題、難しいですよね」や「どうやって登るんですか?」など、積極的に話しかけてみることをオススメします。

共同作業を行うことで一体感が生まれるため

ボルダリングは、複数のクライマーが同じ壁で交互にトライするスタイルです。よって、クライマー同士で仲間意識が生まれやすくなります。誰かが課題にトライしているときは、周囲の人も自然に応援するのが当たり前なのです。

また「セッション」といって複数のクライマーが同時に同じ課題をトライし合う方式になると、さらに共感性が高まります。例えば、野球やサッカーのように、プレイをする選手と見る観客が全く別の場所にいて、相互の交流が少ないスポーツとは大きく異なり、観客も課題をこなすクライマーですから、とても白熱した空間になるのです。

一方、スポーツジム、フィットネスジムでのマシントレーニングのように、同じマシンを交代で使うとしても、個々人のトレーニングは全く別々のものの場合、同じ空間にいるだけで共同性がないため、ボルダリングのような一体感は発生しません。

以上のことから、ボルダリングはクライマー同士の共感性が高く、精神的な親密度が発生しやすいことから、恋人を作る場所として向いていると推測します。

吊り橋効果が期待できるため

ボルダリングのつり橋効果

ボルダリングは高所での運動を連続して行うことになるため、必然的に心拍数が上がり胸がドキドキした状態になりますよね。そのような中で異性と接すると、相手に胸がときめいていると脳が錯覚を起こし、恋愛感情が芽生えやすくなると言われているのです。

人間心理学の分野では『吊り橋効果』とも呼ばれ、ハードな運動を求められるボルダリングでは、より恋愛に発展しやすいと推測されます。

距離感が近いため

ボルダリングのジムは極端に狭いわけではありませんが、人と人が触れ合えないほど広いというわけでもありません。

例えるなら、サッカーのグラウンドはとても広く、意図的に近づかないと人と話す機会が訪れませんが、ボルダリングのジムはすぐ横に人がいるのが当たり前の状態です。

同じ壁の課題待ちの間や休憩中など、すぐそこに誰かがいる空間ですから、自然に発生する会話を楽しむことで恋愛につながると言えそうです。

着飾る必要がなく、ラフに出会えるため

ボルダリングのスポーツウェア

ボルダリングをしている間は、スポーツウェアやラフな格好で行います。街コンや合コンと違って着飾る必要がないため、お互いに気を張らない状態で接することができるでしょう。

また、一生懸命運動している姿に好印象を持ったり、同じ目標を持って取り組むことで親密な関係を築くことができます。出会いを目的としていない場所だからこそ、相手に警戒心を持たずに会話を楽しめることがわかりますね。

ボルダリングで出会うまでのステップ

①自分に見合ったクライミングジムを探す

ボルダリングジム

まずはボルダリングをするためのジムを探しましょう。出会いを目的としている方の場合、プロが通う本格的なジムに行くのは控えてください。

というのも、おそらくあなた自身レベルの高さに耐えることができませんし、異性の方も本気でボルダリングをしにきているため、恋愛に発展する可能性がとても低いからです。

ですから、行くのであればアクセスの良いオシャレな場所をオススメします。平日の午前中はあまり人がいないため、昼過ぎから午後にかけて利用するのがベストです。

持ち物はスポーツウェアと利用料金、後は靴下になります。靴などはレンタルすることができますから、初心者の方はぜひ利用するようにしてくださいね。

②まずはボルダリングを楽しむ

ボルダリングで異性と出会おうと考えているのであれば、その前にボルダリングを楽しむ準備を整えなければなりません。

それができていない場合、真剣にボルダリングを楽しみにきている人から不快に思われてしまう可能性があります。悪い印象を与えないためにも、最低限の準備だけは怠らないようにしましょう。

ボルダリングの準備

  1. まずは爪を切っておきましょう。爪が長いと人工岩をつかめない可能性があります。
  2. ボルダリング用のウェアを用意しましょう。男性の場合、タンクトップは女性から嫌がられるため、適度に肌が隠れるものがオススメです。
  3. ボルダリングをするにあたって必要な用語は覚えておきましょう。誰かからコツを教えてもらうときにも、用語を知っておくだけでスムーズに話が進みます。
  • ホールド…自然の岩や人工壁にある突起や穴や手で持てる部分
  • ムーブ…体の動かし方のこと
  • スメアリング…ホールドがない場所で、靴底を岩に擦り付けて足を置く方法
  • チョークバック…滑り止めのチョーク(滑り止めの粉)を入れる容器
  • パンプ(パンプアップ)…筋肉が膨れ上がること

その他に見知らぬ用語が出てきた場合は、知ったかぶりをするのではなく、素直に「今の用語はどういう意味ですか?」と聞くようにしましょう。教えている方も気持ちよくレクチャーすることができますし、懸命に学ぼうとする姿に好印象を覚えます。

③慣れてきたら周囲の人に声をかける

ボルダリングに取り組む中で、気になる異性がいれば声をかけていきましょう。その際、相手があなたよりもレベルが高いかどうか判断してください。そうすると、相手に声をかける第一声を工夫することができます。

相手が自分よりも上手な場合

  • 「あまり慣れていないのですが○○を教えてもらって良いですか?」
  • 「すごいですね!ボルダリングはどれくらいやっているんですか?」
  • 「ムーブ見てもらっていいですか?うまくできなくて……」

同じくらいか初心者の場合

  • 「それ登るの難しいですよね」
  • 「大丈夫ですか、初めてですか?」

ボルダリングジムへ行けばわかりますが、思っているよりも声はかけやすい環境です。そのため、声をかけるタイミングとかは特に必要ありません。自然を意識すれば、相手も快く応えてくれるでしょう。

また、男性から女性に対する飲み物の差し入れは警戒されてしまう可能性があります。どうしても差し入れしたい場合は相手に選んでもらうようにお願いできると良いですね。

④大会やイベントに参加する

しばらくの間同じボルダリングジムへ通い、自分の実力に自信が持てるようになったら、小さなものでも構わないので大会に出て見ましょう。

その頃には自前のシューズやオシャレなウェアも揃っている頃でしょうから、ボルダリングに対して愛着もわいているはずです。

大会やイベントで結果を残すことができれば、出会いを求めているわけではなく、本当にボルダリングを楽しんでいるのだなと思ってもらえるでしょう。

絶対に出なければいけないわけではありませんが、出場することでそれだけ異性から好意的に思ってもらえるようになります。

⑤親しくなった異性と連絡先を交換しデートに誘う

大会やイベントを通じて交流を深めた後は、さりげなく異性と連絡先を交換し、後日デートに誘いましょう。連絡先を聞くコツとしては、2人、または少人数の集まりで、あなたのスマートフォンで写真を撮り、その画像を送るために連絡先を教えて欲しい、といえば大丈夫です。

直接連絡先を聞いても良いですが、その場合はお互いが親密でないと難しいので、距離感を測り間違えないようにしてくださいね。

運良くデートに誘うことができた場合、その時はボルダリングから一旦離れて、お互いのことや世間話に花を咲かせましょう。相手について深く知る機会になりますし、また、相手にもあなたの様々な情報を伝えることができます。

後は何度かデートを重ねて告白するだけです!頑張ってくださいね。

ボルダリングで出会いを見つける注意点

ここまで紹介してきたように、ボルダリングを通じて出会いを探すことは十分に可能です。しかし、実際に探すとなるといくつかの注意点に気をつける必要があります。

まず1つ目は、ボルダリングはそもそも出会いの場ではないということです。ボルダリングを通じた交流程度であれば問題ありませんが、ボルダリングそっちのけでグイグイ出会いを求めに行くと、場合によっては出禁になる可能性もあります。出会いを求めていない人もたくさんいることを考慮して出会いを探さなければなりません。

2つ目は、ボルダリングを通じて出会いを探すのは効率が悪いということです。ボルダリング自体は魅力的なスポーツであり、若い男女が多く利用しています。

しかし、ボルダリングを毎日のように楽しんでいる人は少ないですし、土日の場合は複数人のグループで利用する人が大多数です。

その中で自分の好みにあった異性を見つけるのは困難なため、出会いを探しにきたのにボルダリングだけして帰る……なんてことが何度も起きてしまいます。

以上のことから、ボルダリングでの出会いは効率が悪い上に、場合によっては他人に迷惑をかけてしまうということを留意しておきましょう。

出会い目的ならボルダリングよりマッチングアプリがおすすめ

ボルダリングが運動を楽しむ場であるように、出会いを探すのであれば出会いを求めている人が多くいる場所が最適です。そして、特にオススメしたいのが近年盛り上がりを見せているマッチングアプリになります。

マッチングアプリは、スマートフォン1台で出会いを見つけられますし、サポート体制も万全のため、安心して利用することができます。

また、街コンや婚活パーティよりもコストがかからないため、お財布にもとても優しいです。大手のマッチングアプリの場合は、数百万人以上の会員が出会いを求めているので、休憩中や寝る前などに利用するだけで、あっという間にマッチングすることができてしまいます。

もちろん出会いの効率だけでなく、業者やサクラはほとんどいないためユーザーの質も高いです。

おすすめのマッチングアプリは上場企業運営のwithです。会員数は100万人以上おり、メンタリストDaiGoが監修した心理テストを使って異性を探せるので他のマッチングアプリより効率よく出会えます。

-女性向け, 男性向け

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.