男遊びが激しい女

彼女

男遊びが激しい女性、清楚系ビッチの特徴

更新日:

異性との関係がだらしのない女性のことを「ビッチ」もしくは「ヤリマン」と呼びます。

悪名として周知されている名称ですが、もし好きな女性が「ビッチ」もしくは「ヤリマン」であった場合、あなたはどうしますか?

彼女に限ってそれはない!と考える男性も多いのではないかと思います。しかし、本当に男遊びが激しい女性は周囲に悟らせないように徹底している場合が多いのです。

ということで、今回は彼女たちのスキを狙って、男遊びが激しいかどうか見極めるポイントをご紹介します。気になる相手に不安を抱いている方は、ぜひチェックしてくださいね。

男遊びが激しい女の特徴

ボディタッチが多い

ボディタッチが多い女性親しくない男性に対しても、手を握ったり、腕を組んだり、ふざけて抱き着いたりすることのできる女性には要注意です。

もちろんされた男性は少なからずドキッとしますし、常に近い距離でコミュニケーションを取られたら好意を抱いてしまう人もいるでしょう。

しかし、彼女たちはパーソナルスペースが極端に狭いだけであって、あなたに好意を抱いているわけではないのです。隣になった男性であれば、あなたでなくてもベタベタとスキンシップをとっていたと思います。

多くの女性はこのような行動はまずとりません。やたらとスキンシップをとってくる女性に出会ったら、男関係がだらしないと考えてもらってよいのではないでしょうか。

さりげないモテ自慢

モテ自慢をする女性男遊びの激しい女性は、絶対的な美人という訳ではありません。中の下から中の上の顔立ちの人が多い傾向にあります。

しかし、彼女たちはコミュニケーションを駆使して男性をどんどん落とすことができるのです。その度に「可愛いね」とチヤホヤされる経験を繰り返すことで、自身の容姿や性格に絶対的な自信を持っています。そこら辺の女性には負けないという気持ちが人一倍強いのです。

ですから男性が「モテるでしょ?」と聞くと「そんなことない!全然だよ」と謙遜しますが、女性が「モテるでしょ?」と聞くことでここぞとばかりに男性遍歴を披露してくれます。

もちろん「だから私ってモテるのよ」という本心は見せず「〇〇があって大変だった~」「〇〇で本当に困った~」のような自虐風自慢でマウントをとってくるのです。

男性にはなかなか暴けない情報のため、どうしても知りたいときは周囲の女性に協力を要請しましょう。

考え方が男性寄りアピール

男好きな女性「私、男といる方が楽なんだよね」という発言を聞いたことはありませんか?もしくは「私、女子特有のねちっこさ無理!サバサバ系だからさ」という発言をしている女性を見たことはありませんか?

これらの発言は、さっぱりした男性気質の考え方を持っていることをアピールして、男性の警戒心を解くことができる方法です。

もちろん本当に何事にも大してさっぱりしている女性もいますが、そういう人は周囲にわざわざこのような発言はしません。

また、そのような女性は男女ともども仲良くしつつ、基本的に1人で行動していることが多いです。

ですから、これらのような発言をしている女性には十分に注意をしましょう。そもそも性別で仲良くなれる人間を選別している人がサッパリしているわけがないのです。

友人として関わるのは構いませんが、しつこくスキンシップをとってくるようになったら少し距離を置いた方が良いかもしれません。

警戒心が薄い

男遊びが激しい女性は、男性から性的な目的で誘われることに拒否感を感じません。

もちろん、生理的に無理な男性であれば別ですが、それ以外であれば好意を持っていなくても平気でOKしてしまうのです。

多くの女性は、初デートで2人きりになる場所へ行くことやお酒を飲むことに不安を覚えます。男性に襲われれば太刀打ちできませんから、トラブルが起きた場合に助けを呼べる環境を求めるのです。

よって、最初のデートで「夜」「お酒」「2人きり」のどれかに当てはまる条件を提示し、疑問を持つことなくOKをする女性には気を付けたほうが良いでしょう。

同性の友人を下げる発言をする

どれだけ自分に自信があったとしても、容姿においては絶対的な評価が下されます。男に好かれやすいからといって容姿が良いとは限らないですからね。

男遊びが激しい女性はそのことをよく理解しているため、周囲の男性が自分以外の女性を褒めることに嫌悪感を抱くのです。特に美人な女性に対しての嫌悪感はとても強いです。

例えば、お酒の席で美人な女性の話題が出たとします。それが身近な存在であった場合、男遊びの激しい女性はしばしば相手を貶める発言をするのです。

「美人だから絶対に入れ食い状態だよね~」「見かけるたびに横にいる男が違うよ」

「私はあの人のことを好きじゃない」と言えばいいのに、あくまでも自分を汚すことなく遠方から石を投げるような発言をします。

賢い人であれば「嫉妬しているな」とスルーすることができますが、言葉を表面だけで受け取ってしまうことも少なくありません。

発言にはよく耳を傾け、信じて良い情報かきちんと確認しましょう。

清楚系を徹底している

清楚系の服装をした女性男遊びの激しい女性と聞くと、露出の激しい恰好を想像する人もいるのではないでしょうか。

それだけわかりやすいアイコンがあれば引っかかるわけがないと考えるかもしれませんが、現実は清楚系のファッションが多いです。

多くの女性は自分の着たい服や、流行に合った服装などをリサーチして着る傾向にありますが、男遊びの激しい女性は男ウケがとにかくいい恰好を好んで着用します。

  • 甘すぎないワンピース
  • 女の子らしいお嬢様ファッション
  • 鎖骨、二の腕、太ももなどさりげない露出
  • 明るすぎない髪色、セミロング~ロング
  • 控えめなネイル、もしくはネイル無し
  • ブランド物はあまり使わない
  • メイクはナチュラル

以上のようなファッションに身を包むことで「少しスキがある可愛い女の子」像を作り上げるのです。

流行に流されず着たい服ではなく自分を良く見せる服を選ぶ姿は、もはや一貫していて素晴らしいと言わざるをえません。

合コンや、コンパなどで女性の私服を見る機会があれば、先ほど挙げたポイントを踏まえて確認してみると良いですね。

恋人が途切れない

恋人が途切れない女性容姿が整っている、性格が良いといったスペックを持っている女性であれば、必然的に男性が寄ってきてもおかしくはありません。

一方で、特筆してこれが良いという特徴がないのにも関わらず、恋人が途切れたことがないという女性も少なからずいるのです。

そういった女性は、男性をその気にさせる能力がとても高いと考えられます。

恋人と付き合っている間に好みの男性を見つけ、コミュニケーションをとっていくうちに「キープ」として次の彼氏候補をゲットするのです。

恋人が途切れないといっても、周期が頻繁でない場合はあまり気にしなくて良いでしょう。一番気を付けなければならないのは短期間で次々に彼氏が変わる女性です。

男性をキープする危険性もさることながら、1人の相手と関係性を継続させることができない何かがあると考えられます。

それを背負えるだけの愛があれば良いですが、自分を大事にしたいのであれば次に行くことをオススメします。

依存体質

自然な出会い常に誰かに寄り添っていてほしいからこそ、常に相手を探している依存体質な女性である可能性があります。

自分の欲を満たしてくれるのであれば相手は誰でも構いませんし、使う手段も惜しみません。

「昔すごく好きだった人がいて」「恋愛なんてもうしない」といった言葉で相手の同情を誘い、か弱い自分を守ってもらおうとするのです。

男遊びが激しい女性の男性遍歴は質より量です。どんな人に大切にしてもらったかではなく、どれだけの人に必要とされたかを重要視します。

その欲求は彼女が自身を認めるまでは満たされることはありません。

好きになった女性であれば「救ってあげたい!」と自ら飛び込んでいく男性もいると思います。しかし、専門的な知識を持たない人間が必死にあやしたところで、彼女の心を救うことは不可能です。

自分の人生を狂わせたくなければ、撤退するのが最善と言えます。

男遊びが激しくない女性と出会うには?

参考になりましたでしょうか。

身の回りの女性を思い返し、もしかしてこの人は…と気づいてしまった人もいるのではないでしょうか。気になっている女性が「ビッチ」である可能性が高まってしまった方は、申し訳ありませんがご愁傷様です。

もちろん、運命の相手に出会うことで男遊びを卒業する女性も多くいます。しかし、ふとした拍子に再発することは十分に考えられるため、お付き合いをすることができたとしても常に警戒することが必要です。

一方で、男遊びをしない一途な女性を見つけたい方はマッチングアプリ「Pairs」のコミュニティ検索機能をオススメします。

コミュニティの中には「一途」に関するものが多く存在しているため、そこに登録しているユーザーのから気になる相手を見つけることができるのです。

偏った愛情は不安を生み出し、結果的に破滅をもたらします。そのようなリスクを少しでも削減したい方は、男遊びが激しそうな女性を避け、誠実で一途な女性を探していきましょう!

pairs
ペアーズ(pairs)は出会える?気になる評判・デメリットまとめ

現在、最も盛り上がっているとされる婚活や恋活をしている方々に向けたアプリをご存知でしょうか? それは、pairsと呼ばれる、Facebookと連携したアプリなのですが、驚くことに誕生4年ほどで会員数が ...

-彼女

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.