男性に告白させる方法

彼氏

女性必見!男性に告白させるための方法とテクニックまとめ

投稿日:

告白と聞くと、男性から女性に対して行うものというイメージが強いですよね。もちろん女性から告白しても何ら問題はないのですが、できれば男性からロマンチックに決めてほしいのが乙女心というもの。

しかし、男性にアンケートを取ってみたところ、告白に対してバンジージャンプ並みの勇気がいる行動だと考えている人が多数であることが分かりました。

でも…やっぱり告白してもらいたい!と考える女性のために、今回は男性から告白してもらうためのテクニックをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

友人に告白の後押しをしてもらう

友達に話しを聞いてもらう女性あなたから「告白してほしい!」という積極的なアピールができない場合、友人の力を借りると良いでしょう。

彼に対して「〇〇さんがあなたのこと好きって言っていた」と伝えてもらったり「仲良しだよね!お似合いだよ~」と恋愛関係を意識させたりなど、やり方は様々。また、彼の男友達にお願いをして恋愛相談を持ち掛けてもらうのも一つの手です。

自分の中だけで抱えていた気持ちを人に話すことで、一層あなたへ告白する気持ちが高まるかもしれません。

しかし、ここで気を付けたいのが恋のキューピッドとして仕掛けた友人と彼が恋に落ちてしまうパターンです。

悩みを聞いてもらっているうちに意気投合し「本当に好きなのはお前だったんだ!」となってしまえば元も子もありません。女友達にお願いをする場合は本当に信頼できる相手に頼むのがベストだと思います。

デートに誘いやすいよう、アピールをする

平日休みの出会い告白のタイミングとして最適なのは、やはり2人きりの時ですよね。しかし「告白するぞ!」と意気込んでデートに誘う時の緊張感は並大抵のものではありません。

それだけ勇気を出したにもかかわらず断られてしまったら…と思うと、なかなか言い出せないのも無理はありません。

そんな彼にあなたからできるサポートは「断らないよ!」という雰囲気をつくってあげることです。例えば、暇な日をそれとなく伝えたり、行きたいところや食べたいところの話をしてあげることで、彼のデートプランが具体的になります。

特にオススメなのが映画館デート。初回のデートでも話が盛り上がりやすいですし、期間が限定的なのでデートの予定を直近で組むことができます。

現在上映している映画をチェックして「これ気になっているんだよね~」とさりげなくアピールしましょう!

「あなたに告白されたらOKしちゃう」と伝える

告白されてOKのサインどんなに相手のことを想っていても、OKしてもらえる確証がない告白は躊躇してしまうものです。両想いのような素振りをとられていただけで、実は友人だと思われていた…という経験がある男性であれば、尚更その気持ちは強いでしょう。

その心配を払しょくしてもらうためにも、こちらから「OKだよ!」と先手を打ってみるのもオススメです。

「〇〇君に告白されたらOKしちゃうな」「〇〇君が恋人だったらいいのに!」とやや冗談交じりで可愛らしく伝えてみてください。そうすることで彼も自信がつき、タイミングが合えばすぐにでも告白してくれるかもしれません。

この方法を取ることで気を付けなければいけないのは、本当に彼があなたのことを好きか確認しておくということ。

彼があなたのことを何とも思っていないにも関わらず、これだけ露骨に恋愛アピールをされてしまうと、場合によっては疎遠になってしまう可能性もあります。

何度かデートを重ねて彼の気持ちに確信が持てたころにトライしてみてくださいね。

2人きりの時に沈黙の時間を作る

デート中の沈黙の時間2人きりの時間というのは特別なものです。誰にも邪魔される心配がなく、告白するにはうってつけと言えます。

しかし、雑談が盛り上がってしまったりデートに集中してしまうと、そのタイミングをなかなか掴むことができません。この状態が続いてしまうと、お互いにヤキモキしてしまいますよね。

まずは告白の舞台をセッティングすることから始めましょう。場所は人通りが多い場所よりは、公園や川沿いといった静かな場所がオススメです。

ウィンドウショッピングのように気を取られるものも少ないですから、落ち着いて2人だけの空間を楽しむことができます。また、きれいな景色や自然に囲まれているため、自然と無言の時間が生まれるのです。

いつもは賑やかな空気が一変すると、緊張しておしゃべりになってしまいがちですが、告白をしてもらいたいのであればグッと堪えましょう。

そのドキドキさえもスパイスになって、ロマンチックな思い出になること間違いなしです!

異性関係の話を出して嫉妬させる

お互いに思いあっているのに、彼がのんびり屋だと告白を先延ばしにしてしまう傾向があります。これは、あえて自分のものにしなくてもあなたがどこにも行かないだろうという慢心から発生するものです。また、あなたに対して恋愛感情があることにすら気づいていない可能性もあります。

そんな彼には嫉妬心を煽るのも効果的です。

「合コンに誘われた」といって、いつでもあなたの傍を離れる準備はある!という素振りを見せたり、男友達からメールが届いたフリをしてみたり…あまりにもしつこいと男性側も呆れてしまうので注意が必要ですが、多少であれば相手に危機感を抱かせることができます。

ここでポイントなのは他の男性に浮かれる素振りを見せず「今が一番楽しいんだけどね~」と、彼の顔を見て微笑んであげることです。

彼は一層あなたのことを手放したくないという思いが強くなり、上手くいけばそのまま告白してもらえるかもしれませんよ。

用事が無くても連絡ができる仲になる

LINE最初は連絡先を交換した旨を伝えたり、重要な連絡をやり取りする程度ですが、次第に共通の話題を見つけて連絡の頻度を増やしていきましょう。

恋人になった際は毎日連絡をすることになりますから、今のうちに相手が心地よいと感じる連絡頻度を把握しておくことも重要です。

また、毎日やり取りをすることでお互いの生活にそれぞれの存在が組み込まれていきます。ちょっと返信が空いたり、丸一日来ないだけで「今日どうしたのかな?」と思ってもらうだけでも、彼の中であなたの存在がどんどん大きくなっていきますよ。

オススメは電話ですが、恥ずかしい人はLINEのメッセージを利用してアタックしてみましょう!

体の距離を少しだけ近づける

年下彼氏との付き合い方人間にはパーソナルスペースというものがあります。初対面にも関わらず「この人距離が近いな…」と思ったことはありませんか?

親しい友人や恋人であれば気にならないのに、親密でない人がパーソナルスペースに入り込んでくると「何かされるのではないか」と警戒します。

一方で、好意的に思っている人間がパーソナルスペースに入り込んでくると、ドキドキしたり嬉しくなったりします。

この心理を利用して、彼のパーソナルスペースに入り込んでみましょう。何かを一緒にのぞき込むときや、同じソファーに座る時など、いつもより近めを意識してみてください。

あなたに好意を持っている人であれば「嬉しい!」「もしかして俺のこと好きなのかな?」という感情を抱くでしょう。

また、近づくということはあなたの身だしなみもチェックされます。いつもより化粧は丁寧にして、さりげなく香る程度の香水をつけておくと効果抜群です。

今まで信頼できる友人としか思ってなかった相手でも、あなたの女性らしさに気づき、ドキドキしてしまうでしょう。

「私のこと好き?」と聞いてみる

どうしても彼が煮え切らない場合は、直球であなたとお付き合いしたいかどうか問いただしてみるのも良いでしょう。

できる限りYESかNOの2択で答えられる質問だと、その場で答えなければいけませんから、そのまま告白にもっていくことができます。

積極的な告白への誘導になりますが「お付き合いしてください!」というのは彼自身。告白してもらうには一番手っ取り早い方法かもしれません。

まとめ

参考になりましたでしょうか?

告白をする際のハードルを少し下げてあげるだけで、お互いに幸せな結果をもたらすことができます。とはいっても「告白のため…」と思い詰めてしまうとかえって緊張してしまい、ハプニングを生んでしまうこともあるので、実行する際は充分に注意してくださいね。

告白は人生の大勝負です。ひょっとすると結婚相手になるかもしれない相手ですから、彼の緊張を読み取って、真剣に思いを受け止めてくださいね。

もし以上のテクニックを実行しても告白されない…ということでしたら、まだあなたに対しての思いが定まっていないのかもしれません。今の楽しい時間を大事にして、時が来るのを待ちましょう。

あなたの恋が上手くいきますように!応援していますよ。

-彼氏

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.