明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

pairsの登録方法

ペアーズ

Pairsの登録方法を徹底解説!電話番号・Facebookアカウントで登録する方法とは?

投稿日:

Pairsは累計会員数が800万人を超える国内最大級のマッチングアプリです。

2017年の20代から40代の男女2000人以上の恋愛・婚活マッチングアプリの利用状況調査で、利用率ナンバーワンを獲得しています。

会員数が多いだけでなく、男女比や年齢層のバランスが良いため、毎月5000人以上に恋人が出来ているという実績があります。

多くの男女が恋活や婚活のために利用し、幸せを手に入れているのです。

理想の相手を条件検索で探して「いいね!」を送り、マッチングしたらメッセージでやりとりをするというシンプルでベーシックな使い方なので、マッチングアプリの初心者にもおすすめです。

そんなPairsの登録方法について詳しく解説していきましょう。

Pairsの登録に必要なもの

まずは、Pairsを登録する際に必要なものについてです。

Pairsは男女ともに無料で登録が可能です。

登録に必要な物は携帯電話の番号またはFacebookアカウントと、年齢が確認できる書類の2つだけです。

電話番号またはFacebookアカウント

Pairsに登録する電話番号

かつてはPairsに登録する際はFacebookアカウントが必須で、かつ10人以上の友達がいてステータスが交際中や既婚で 無いことが条件でした。

これはサクラや業者のなりすましを防ぐためです。

しかし、2017年の11月から携帯電話の番号によるSMS認証でも登録できるようになりました。

そのため、Facebookアカウントが無い人でもわざわざPairsを利用するためにアカウントを作成する手間がなくなり、便利になりました。

通常、携帯電話の番号は1人ひとつしか持っていないはずなので、Facebook認証と同様にサクラやなりすましを防ぐ事ができるので安心です。

年齢が確認できる書類

マッチングアプリの顔の審査

Pairsに登録できるのは18歳以上の人だけです。

なぜなら「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」というものがあり、児童(18歳未満 )でないことをアプリの事業者が確認する義務があるからです。

Pairsでは、年齢を確認するために有効なものの代表例として、免許証 、健康保険証、パスポート、住民基本台帳、マイナンバーカードの5つを挙げています。

その他にも社員証や学生証、障害者手帳などの公的証明書でも年齢確認が可能です。

ただしマイナンバー通知カードや年金手帳、住民票、仮免許証などは無効ですので注意しましょう。

万が一自分が持っている証明書が年齢確認に有効かどうか分らない場合はカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

Pairsに電話番号で登録する方法

それでは、電話番号でPairsに登録する方法を解説していきましょう。

Facebookアカウントが無い人や、アカウントはあるけれど10人以上の友達がいない人はこちらの手順で登録して下さい。

Pairsにはアプリ版とブラウザ版とがあるので、スマホからでもPCからでも登録出来ます。

それぞれの登録方法を順番にご紹介します。

アプリから登録する場合

まずはこちらからペアーズのアプリを無料ダウンロードします。

ダウンロードしたら、ホーム画面の「Facebookをお持ちでない方はこちら」をタップ します。

次の画面で+81の後に自分の携帯電話番号を入力し、「次へ」 を押します。

すると入力した携帯電話の番号あてにSMSでコード番号が届きます。

届いた6桁の数字のログインコードをPairsの登録画面に入力し、ニックネームや性別、生年月日、メールアドレスなどの個人情報などを入力していきます。

最後に、「私は18歳以上で独身です。Pairsの利用規約、プライバシーポリシーにも同意します。」の欄にチェックを入れて「Pairsをはじめる」をタップすれば登録完了です。

ここまでの手続きだけだとメッセージの送受信は出来ないので、引き続き年齢確認を済ませましょう。

本人確認できる証明書の写真を撮り、アップロードすれば24時間以内に審査をしてくれ、本格的にアプリが使えるようになります。

Pairsを無料ダウンロード

PCから登録する場合

PCから登録する場合はPairsの公式サイトに行き、「Facebookをお持ちでない方はこちら」をクリックします。

次に、アプリと同様に自分の携帯電話番号を入力して「SMSを使用」をクリックし、SMS送信します。

送られてきた6桁の数字のログインコードを画面に入力して「次へ」をクリックします。

すると「Pairsへようこそ!」という画面が表れるので、プロフィール写真やニックネーム、メールアドレスなどの個人情報を入力し、Pairsの利用規約、プライバシーポリシーを読んで問題なければ同意し、「Pairsをはじめる」をクリックすれば完了です。

この後年齢確認を済ませればメッセージが送れるようになります。

PairsにFacebookアカウントで登録する方法

次はFacebookアカウントで登録する方法です。

Facebookアカウントで登録するとPairsに登録したことがFacebookの友達にバレたり、勝手に投稿されたりしないか不安になるかもしれませんが、その点は大丈夫です。

むしろ、Facebookの友達はPairs上では表示されない仕組みになっているので、電話番号認証で登録するよりも身バレしにくくなっています。

では、Facebook認証の場合も、アプリとPCそれぞれの登録方法をご紹介します。

アプリから登録する場合

まずはこちらからPairsのアプリを無料ダウンロードします。

そして「Facebookではじめる」をタップします。

次に「Facebookアプリでログイン」をタップし、ニックネーム、性別、生年月日と居住地や入力します。

利用規約やプライバシーポリシーを読んで、問題なければチェックボックスにチェックを入れて「Pairsをはじめる」をタップします。

残りのプロフィールを入力すれば登録完了です。

Facebookで登録した場合も本人確認書類をアップロードして年齢確認しないとメッセージの送受信はできませんので、登録が完了したらすぐに年齢確認の手続きをしましょう。

Pairsを無料ダウンロード

PCから登録する場合

PCのブラウザから登録する場合は、まずPairsの公式サイトにアクセスします。

そして「Facebookではじめる」のボタンをクリックし、メーアドレスか電話番号、パスワードを入力してFacebookにログインします。

再びPairsの画面に戻ったらアプリと同様にニックネームなどを入力し、利用規約に同意して「Pairsをはじめる」をクリックすれば登録完了です。

この後に年齢確認を済ませればメッセージのやり取りができるようになります。

Pairsに登録する際の注意点

とても簡単に登録できるPairsですが、登録する際の注意点があるのでまとめてみました。

18歳未満、高校生は登録不可能

pairsに登録できない女子高生

年齢確認のところでもお伝えしましたが、Pairsはインターネット異性紹介事業に該当するため、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」で、児童(18歳未満)は利用登録する事ができません。

また、Pairsでは18歳以上であっても高校生の利用登録は出来ないようになっています。

売春などを防ぎ、より安全性を高める目的や、校則で禁止されている学校もあるための措置です。

再登録は退会後1ヶ月間はできない

希望通りのスケジュール表

Pairsを一度退会してからまた利用したくなって再登録を希望する場合は、退会してから1ヶ月以上経過してからでないと再登録できません。

これは不正登録を防ぐためです。

また、1ヶ月経ったからといって以前使っていたアカウントがそのまま復旧するのではなく、新しいアカウントでのスタートになるため、「前にやり取りした相手とのメッセージの続きがしたい」という事はできませんので退会はよく考えてから行いましょう。

既婚者は登録できない

婚活向けのマッチングアプリ

Pairsでは、利用規約の第8条禁止事項で「既婚者の会員登録および本サービスの利用」を禁止しており、既婚者は登録する事ができません。

Facebook認証での登録ならFacebookのステータスが婚約中や既婚であれば登録が出来ない仕組みになっています。

それなら電話番号認証なら誤魔化して登録しようと思えば可能では?と思うかもしれません。

しかしPairsの規約違反ですし、浮気や不倫は相手から慰謝料の請求をされたりトラブルになりますので、既婚者は絶対に登録しないようにしましょう。

男性の場合有料会員にならないと出会えない

課金額が高い

マッチングアプリの多くが女性は完全無料なのに対し、男性は有料というシステムをとっています。

Pairsは男性も女性も登録は無料ですが、無料会員のままでは使える機能が制限されるので、実際に女性と出会うのは困難です。

その理由は、男性無料会員が使える機能をご覧いただければ分かると思います。

Pairsの男性無料会員が出来ることは以下の6つだけです。

無料会員でできること

  • プロフィールの登録、コミュニティの設定
  • 女性会員の検索
  • いいね!を送る
  • ありがとう!ができる(マッチングができる)
  • メッセージを1通だけ送る事ができる
  • メッセージの受信ができる

(ただしメッセージにぼかしが入っているので無料会員のままでは読めない)

これでは運良くマッチング出来たとしても連絡先を交換したりして実際に出会う事は出来ませんよね?

メッセージを自由にやり取りするには有料会員になる必要がありますので注意しましょう。

逆に、女性の側も、無料会員の人にメッセージを送っても、その男性が有料会員にならない限りメッセージが返ってこないので注意が必要です。

まとめ

Pairsに登録する手順はとても簡単で、今すぐにでも始める事ができますね。

18歳以上(高校生を除く)の独身の男女で、男性の場合、有料でも良いよ、という人なら是非登録してみましょう!

国内最大限のマッチングアプリなので、出会いのチャンスはたくさん転がっているはずですよ!

Pairsを無料ダウンロード


pairs
Pairsはどんな人におすすめ?評判・口コミからわかったペアーズがおすすめな人

-ペアーズ

Copyright© 出会いノート , 2019 All Rights Reserved.