バツイチの再婚

婚活

バツイチでも結婚したい!再婚するためのポイントと出会い方

投稿日:

バツイチの方で再婚することを迷っている理由をお聞きすると、以下のような回答をいただきます。

「仕事と育児が忙しく、婚活しているヒマがない」
「年齢的に周囲の人たちも既婚者で、出会いがない」
「バツイチがネックになるのでは、と考えてしまう」
「また失敗するのでは、と結婚に踏み切れない」
「子供の気持ちを考えると、新しい親に慣れてくれるのかと思ってしまう」

似たような気持ちを抱いているバツイチの方が多いのではないでしょうか。

再婚したいけど踏み切れない気持ちも充分に理解できます。しかし、出会いというものは行動すれば必ず訪れるものです。もしバツイチであっても再婚したいという気持ちがあるのなら、行動してみることが大事です。

「バツイチだから」で諦めない!

再婚をあきらめるバツイチ「どうせバツイチだから、結婚は無理」と思い込んでいませんか?それではいつまでも再婚できないでしょう。

バツイチをネガティブなものに捉えてしまうと、恋愛も積極的になれません。

離婚という過去は消すことができないのですから、それを悩むのは意味のないことだと言えます。むしろバツイチを気にしない異性を探す方法に悩むべきでしょう。

再婚するため離婚への考え方を変える

まず、おぼえておいていただきたいのが、『離婚=失敗』と考えないでほしいのです。

離婚したからといって、恋愛の落ちこぼれというわけではありません。様々な事情があって、すでに離婚したのですから、それはもはや仕方ないのです。

自分から言いふらすものではありませんが、不必要に卑屈になることもありません。あまり『離婚』という事実を重い物に考えていると、新しく出会う異性もあなたがバツイチであることを重く考えてしまうでしょう。自分の精神的にも良い影響はありません。

そんな状態で婚活してもいい相手はあらわれませんし、冷静な判断ができないかもしれません。

離婚をどんよりとしたイメージではなく、「普通なら体験できない経験を積んだのだ」と考えてください。

元パートナーにも恨みの気持ちより、「勉強させてくれてありがとう」くらいに考えてしまいましょう。色々な事情があるでしょうが、人間は失敗することではじめて「次は失敗しないぞ」と考えることができるのです。

世間のバツイチに対する考え方

あなたの中で離婚についての考え方を変えることができたとして、世間はどうなのでしょうか。現実的に、「結婚するならバツイチの人と!」と考える人はあまりいないでしょう。

しかし、大切なことはバツイチという事実ではなく、あなた自身の人間的魅力です。「バツイチと結婚したい」という人は少なくても「好きになった人がたまたまバツイチだった」ということは珍しくありません。

結婚する相手が容姿も性格も収入も家柄も、すべて完璧ということはありえないでしょう。あなたが最初に結婚した時も、重要視した要素があるはずです。

そう考えれば、バツイチは必ずしもネックになるものではなく、ひとつの要素に過ぎないといえるでしょう。

バツイチ男女はどこで出会う?

「結婚したくても出会いがない!」という意見はよく耳にします。

しかし、「バツイチであることを重要視しない人」は意外と多くいます。そういう人たちと出会う方法をいくつかご紹介しましょう。

1. 時間とお金がかからない「婚活サイト」

スマートフォン日々の生活が忙しくて婚活する時間がない、経済的に余裕がない、という方にオススメなのは婚活サイトを利用することです。

アプリを使い、気になる異性とメッセージをやり取りするのですが、「婚活」に特化しているので、カラダ目当てや遊び、暇つぶしといった心配が少ないのが特徴です。

バツイチの方の婚活にオススメなのが「ブライダルネット」というサービス。

お相手検索の項目に「婚姻歴」「子どもの有無」があり、初婚でなくても理解のある人があなたを検索してくれるでしょう。

また、プロフィール上も結婚相手が初婚にこだわっているかを設定できます。あなたがお相手を探すときに婚姻歴について「こだわらない」「初婚」「再婚」「再々婚」から絞り込むことができるのです。

「子どもの有無」についても「いない」「いる(同居)」「いる(別居)」と細かくわけられているので、検索する方もされる方も、ある程度相手の状況がわかるようになっています。

このようにバツイチや子持ちであっても婚活しやすい環境になっているわけです。

ブライダルネット
ブライダルネットの評判って?特徴やデメリットを詳しく紹介

ブライダルネットは大手の婚活サイトです。入会しようかどうか悩んでいる人は、みんなの口コミが気になって当然ですよね。 安全面にも気を使っているリーズナブルなサイトですが、悪い口コミも何点かみられたことも ...

婚活
口コミを比較して選んだおすすめの婚活サイトランキング

インターネットで婚活をするのは現在では当たり前になってきましたが、婚活のためのいわゆる「婚活サイト」は種類も多くどれを選べばよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。 結婚相手を探す際にインタ ...

2. 企画系の婚活パーティーは確実にバツイチOKなものもある

婚活パーティー最近では婚活パーティーも多様化しており、テーマが設定されていることがほとんどです。その中で「バツイチ&理解者限定パーティー」という企画であれば、確実にバツイチがネックにならない出会いが可能です。

こうした婚活パーティーは大手の婚活パーティーならほぼ確実にやっています。

そうしたなかで最もオススメなのが『パーティーパーティー』です。利用者数が多く、開催数・カバーエリアも最大級を誇っています。カップリング率が高く、同年代と出会うことができると評価も高いです。

3. 50代以上の方は結婚相談所がオススメ

運命の人はつながっている感じがあるすでにご紹介した2つの婚活は、20代~40代の方に合った方法です。

もちろん50代以上の方でも参加は可能ですが、絶対数が少なく、出会いのチャンスは少ないでしょう。

そこで50代以上の方にオススメなのが結婚相談所です。50代以上限定のものもあります。

楽天オーネットが運営している『スーペリア』というサービスは男性50歳以上、女性45歳以上でないと登録ができません。自然とバツイチや、パートナーに先立たれてしまった人が多くなっています。

一般的な結婚相談所では「50代以上の方は紹介できる人がいない」と断られてしまうケースもあるそうですが、『楽天オーネット スーペリア』ならそういうことはありえません。

婚活パーティーやお見合いなども多く開催されており、年齢的に出会いが少なくて悩んでいる方には頼もしい存在です。

もうひとつオススメできる理由として、料金の安さがあります。入会金が3万円、月額料金が1万円だけです。よくある成婚料はありません。比較的気軽に始めることができるのではないでしょうか。

早く結婚したい時は併用が効果アリ

もしあなたが一刻も早くパートナーを見つけたいなら、短期集中で活動する方が絶対にいいです。

ダラダラと続けていては婚活疲れも出てきてしまい、結局「もういいや」となってしまうケースもあるそうです。

短期集中するなら、婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所の併用がオススメです。

例えば、婚活パーティーでは1度に3~5人の連絡先を交換することが出来ます。実際に会って話すので雰囲気もわかり、いい相手がいれば恋愛関係に発展しスムーズに結婚まで進むケースが多いのが特徴です。ただし、その「いい相手」とパーティーでなかなか会うことができないのがネックです。

婚活サイトは手軽さがウリですので、1日に10人以上と連絡先を交換することも可能です。しかもある程度プロフィールでどんな人かもわかります。

ただ、実際に会ってみたら写真と全然違う、プロフィールが盛り過ぎていた、といったトラブルの可能性も高いです。

婚活パーティーと婚活サイトはメリットとデメリットが逆なので、併用することで両面からお相手を探すことができるでしょう。

結婚相談所はその中間的な手法ですが、料金が他のものより高めです。自分の経済状況や好みを考えて組み合わせてみてください。

婚活
口コミを比較して選んだおすすめの婚活サイトランキング

インターネットで婚活をするのは現在では当たり前になってきましたが、婚活のためのいわゆる「婚活サイト」は種類も多くどれを選べばよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。 結婚相手を探す際にインタ ...

婚活パーティー
おすすめはどれ?婚活パーティーを徹底比較

インターネットで婚活をする人が増えてきました。それ以外にも街コンや婚活バー、お見合いパーティーなどでお相手を探す人もたくさんいますね。一昔前よりも出会いのチャンスはグッと多くなってきたようで、職業や年 ...

結婚相談所
口コミを比較して選んだおすすめの結婚相談所ランキング

「真剣に結婚を考えている」 「今すぐにでも結婚したい!」 「婚活サイトや婚活パーティーに参加してもなかなかいい人が見つからない!」 そうした悩みを抱えた方が多いのが、とても多いと思います。 そんな悩み ...

バツイチ婚活で覚えておきたいポイント

1. 自信を持つ

前向きな女性離婚をすると引け目を感じてしまい、ネガティブになりがちです。まずは自信を持ちましょう。

自分を愛せない人間だと、他人だって愛すことは難しいでしょう。

まずは離婚を経験した自分を認め、その上で自信を持つことが幸せな再婚への第一歩です。

離婚歴がある人は婚活がスムーズです。なぜなら結婚に対して無茶な高望みをしなくなるからです。これは卑屈になっているのではなく、結婚を冷静に、現実的に見られているからです。

結婚の経験者として、相手をリードできるくらいの余裕があるのだと考え、ぜひ自信を持って婚活に臨みましょう。

2. 離婚原因を分析する

離婚原因の分析ものごとがうまくいかなかった時、人間は反省することで次に活かすことができます。

離婚という経験をムダにしないためにも、なぜ自分が離婚することになったのかを冷静に分析してみましょう。

「性格が合わなかったから」という理由をよく聞きますが、これではざっくりし過ぎています。こうした自分の回答に、さらに自分で疑問を重ねていき、根本的な原因を探っていくことが重要です。

「どうして性格が合わないと思ったのか?」「性格が合わないなりに歩み寄る努力はしたか?」「相手の性格のどこが許せなかったのか?」といったように、細かく分析してみましょう。

合意の上で結婚した当初、積極的に離婚しようなんて思っていなかったはずです。それならば、「向こうが悪かった」と離婚の原因を一方的に決めつけるのは避けましょう。

「自分も離婚回避に何かできなかったか」を考え、次に活かしてこそ離婚にも意味があったと考えられるようになるでしょう。

3. 新しいパートナーにバツイチを隠さない

バツイチを隠さない男性婚活するならプロフィールに婚姻歴があることを書くべきですし、普通の出会いであっても隠さないようにしましょう。

男性の場合、バツイチでも魅力があって、共同生活を送る上で問題がなければ気にしない女性は意外と多いそうです。かえって婚姻の経験が心の余裕につながり頼もしく感じることがあるのだとか。

女性の場合は、初婚にこだわる男性が多く、婚姻歴が有利に働くことはほとんどありません。しかし、「そんなに気にしない」という男性も少なくないでしょう。今時、結婚するまで純潔を守っている女性なんて珍しいことは男性だって理解しています。

しかし、男性でも女性でもバツイチであることを隠していると、バツイチを気にしない相手であってもバレた時に裏切られたような錯覚を覚えるでしょう。「隠すような理由で離婚したのか?」と疑われるかもしれません。

つまり、バツイチを隠さないことは相手に安心感を与えることにもつながるのです。

「バツイチを隠さないと出会いの機会が減る」と考える方は多いかもしれません。しかし、そうしないと寄ってこないような異性と結婚生活が続くことはないでしょう。バツイチを隠さないことは良い出会いを絞り込むことにもなるわけです。

4. 婚活サービスを厳選する

バツイチのための婚活サービスを選択する実際に再婚できた人の体験談を見ると、婚活サービスを変えたらすぐに見つかったという人がいます。

大手だったり、有名だったり、利用者が多かったりするからといって、あなたに最適なサービスであるとは限りません。

あなたに似た境遇にある人が成果をあげているサービスを選ぶのがポイントでしょう。バツイチの再婚に力を入れているかどうか注意してみてください。

また登録者にも注意しましょう。平均年齢が若いとバツイチは避けられる傾向にあります。婚活パーティーのテーマに着目して、バツイチがネックにならない(なりにくい)ものを選ぶことが重要です。

体験談によると、成婚にいたるポイントは、収入や容姿といった理想よりも、「相手とうまくやっていけるか」を重視することだといいます。

うまくやっていくには、自分と近いものを持った人の方が可能性も高まるので、そういう人が集まる婚活サービスを探すのが良いでしょう。

5. バツイチカップルを目指す

誰にでも優しい男性はモテるバツイチがハードルになっていると感じているのなら、同じ境遇であるバツイチを相手に探すと良いでしょう。

実際に婚活サービスではバツイチ同士の成婚は少なくありません。

バツイチの人が担当者に、あえてバツイチのマッチングを依頼するケースも多くあるそうです。

昔に比べて離婚が珍しくないとはいえ、やはり「離婚をしている」と聞くと引いてしまう人はいるでしょう。

それは「離婚するほど何か問題を抱えている人なのか」と勝手に想像してしまうからです。例えば「暴力的な人かも」とか「金銭感覚がおかしいのかも」とか「家事がまったくできないのかも」といったドラマやマンガなどのステレオタイプなものを想像してしまうのです。

仮にそれが離婚原因だとしても、あなたと相手、どちらに問題があったのかはわかりません。「バツイチである」というレッテルは、相手にもあったはずの問題をすべてあなた一人がかぶることになるのです。

離婚したことのない人がこうした考えを持ってしまうことは、ある意味で仕方のないことです。離婚がどういうものか実感できないため、作り話の離婚で想像してしまうのです。

そういう人が「バツイチ相手は論外」と考えてしまうのでしょう。

だからこそ、離婚の辛さがわかっているバツイチ同士の結婚が成立しやすいのです。

同じバツイチという境遇にあるため、相手を理解しやすいし、お互いが充分反省できていれば、初婚同士よりも強くしなやかな関係性を築くことができるでしょう。

もちろんバツイチ同士だからといって最初からすべて相手を信用できるわけではありません。自分は家庭的で、ステレオタイプな問題で離婚したわけではないということをさりげなくアピールすることが重要です。

6. 周囲の協力も重要

結婚は付き合うのと違い、家同士のつながりも出てくるものです。ですから家族の理解はとても重要です。

親族との付き合い方が離婚原因になることもあります。もしそれで離婚しているのなら、次はそうならないためにもしっかりと話しておきましょう。

また、同じバツイチでも子供がいる場合は話が変わってきます。

子供がいないなら、結婚は本人同士の気持ちが一番重要です。しかし子供がいた場合、子供の気持ちも考えなくてはいけません。子供が大きければ、きちんと向き合って話し合うことが重要です。まだ幼い場合は、両親や友人にも協力してもらい子供をケアしましょう。

特に子供が思春期や反抗期の場合、再婚のタイミングとしては非常に難しいでしょう。その場合、相手にも「待ってほしい」と理解を求めなければなりません。焦らず、時間をかけて子供と向き合ってください。

円満な家族関係を構築するためにも、再婚を自分だけのものと考えないことが重要です。

まとめ

「離婚した人には結婚生活を送る能力がない」なんて考えは間違っています。誰にだって幸せになる権利はあります。

また、どんなものでも失敗はつきものです。結婚だけが絶対に失敗を許されないものなんて考える方がどうかしています。

バツイチで再婚しようとしているあなたは、結婚というものを普通の人よりも深く考える機会を持ったのです。最初の結婚は残念な結果になってしまいましたが、次の結婚は必ずや幸せになれるはずです。あなたは既にそれだけの経験をしているのですから。

再婚して暖かい家庭を築けることを心より祈っております。

-婚活

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.