明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

婚活疲れの原因と対策

婚活

婚活にもう疲れた!そんな婚活疲れの原因と対策方法

投稿日:

婚活とはあなたが幸せを掴むための活動です。理想的な相手と結婚は人生を豊かにする上でとても重要です。しかし、あまりに婚活にパワーを割いてしまうと“婚活疲れ”に陥ってしまいます。

そんな状態で活動すると、あなたの魅力も半減してしまい、婚活自体がうまく行かなくなってしまいます。そうすると、それがさらなる婚活疲れを生みだしてしまい、まさに負のスパイラルに突入してしまうのです。

今回は、多くの人が悩む婚活疲れの原因と、気分転換のヒントを解説したいと思います。

婚活疲れの主な原因

理想的な男性が見つからない

理想の男性婚活を始めた当初は「男性なんて世の中にたくさんいる!」と意気込んで探せますが、あまりにも期待はずれが続くと探すモチベーションも下がってしまいます。

「私が理想とする男性なんて婚活市場にいないのかも」という不安が積もって婚活疲れになってしまうケースです。こうなると婚活の場に出ることすら億劫になってしまい、最悪の場合は婚活をやめてしまいます。

男性に対する理想がどんどん膨らんでしまう

男性の理想像まったく相手が見つからないわけではなく、すぐにある程度のイケメンや、優しい人と出会うことができた人が陥ってしまいやすいケースです。

婚活パーティーなどで意気投合して、「いい人だな」と思う人があまりにもあっさり見つかると「もっといい男がいるかも」と思ってしまうのは仕方ないことでしょう。

また、デートしてみて少し気になる点があると「ここがなければなぁ」と、別のもっといい男性を探し始めてしまうのです。

イケメンでエリート、優しくて価値観も合うし、ご家族もいい人ばかり・・・なんて理想のハードルをどんどん高めていってしまうと、当然すべてにあてはまる男性は少なくなります。

「この人は収入がいいけど顔がちょっと・・・。あの人はイケメンだけど収入面で不安がある・・・」といった具合に目移りし過ぎて、「この前の男性の方が良かった。あっちを大切にしておくべきだった」と後悔するわけですね。

この後悔がストレスになり「婚活って面倒くさい」という考えにつながってしまいます。こうしたケースに陥ってしまう一番の原因は、相手の長所よりも短所に目が行ってしまうということでしょう。

人間は、長所を探すよりも短所を探す方が簡単なので、婚活する際はご注意ください。

婚活の場で最初から除外されてしまう

街コン婚活というものはかなりシビアな面があります。例えばパーティーで男性が露骨に一人の女性に群がることは珍しくありません。

パーティーには毎回多くの男性がいるのに、誰も自分を見てくれない・・・。そんな状態が続くと心が折れても仕方ありません。他にも婚活サイトでマッチングされた相手からお断りの連絡ばかりが続くということもあるかもしれません。

「この男たちはなんなんだ!」という怒りが、「自分には魅力がないのか」というマイナス思考に変わり、最終的に婚活自体に疲れてしまうわけです。

いつも相手に断られてしまう

たとえ出会いがあっても、相手もあなたのことを気に入らなかったら意味がありません。婚活は多くの男性と出会うことができるので、知り合うこと自体はハードルが低いですが、そこからデートや交際と、仲が進展するほどハードルが高くなっていきます。

デートまで持っていくのも、何度かやり取りを繰り返してからになりますから、やり取りが続いて「そろそろデートできるかな?」と思っていたのに「ごめんなさい」と言われたらガッカリの度合いも大きいでしょう。

そうしたことが続くと婚活疲れになってしまうのです。

世間の目を気にしてしまう

世間の目現在の日本は独身女性を、「負け組」と見なす風潮があります。しかし、それで婚活を始めたとしても「婚活をしている女性=結婚を焦っている」と、ネットなどであざ笑う声もあります。

こうした声に振り回されていると「自分は結婚できない負け組だ」と卑屈になったり、「焦っていると笑われるくらいなら婚活なんてしたくない」と自暴自棄になったりしてしまいます。

結婚していないとダメ、婚活してもダメとなると「どうすればいいの!」と叫びたくなってしまいます。

「結婚は?」と言ってくる親

地味にやる気を削ぐのが親から言われる「誰かいないのか?」とか「子供はどうするの?」といった言葉です。

兄弟姉妹がいて、自分だけが独身のケースだとさらにプレッシャーを強く感じてしまうでしょう。親はあなたの幸せを思っているからこそ、そうしたことを心配して聞いてくるわけですが、婚活をしているあなたからすれば「わざわざ言われなくてもわかっているわ!」と思うでしょう。

こうした家族のプレッシャーも婚活疲れにつながってしまいます。

周囲が既婚者だらけになっている

結婚したくない女性婚活をしている時に、友人から結婚式の招待状が届くと焦りますよね。また友達からの年賀状に家族写真が使われていたり、SNSのプロフィールが赤ちゃんの写真になっていたりすると、無言のプレッシャーになってしまう方もいることでしょう。

友達が結婚し始めた頃は「そろそろ私も・・・」と思っていたのに、自分だけが結婚していないと焦りだけが強くなっていきます。

焦って婚活してもうまく行きませんから、結果として婚活疲れになってしまいます。

新しい出会いで神経がすり減る

婚活でストレスを受ける親新しい出会いには期待も膨らみますが、結構エネルギーを使います。その人のことを知るために様々な質問をし、逆にたくさんの質問も受けます。

その際は相手を不快にしないように注意しないといけませんし、自分をアピールすることも考えなければいけません。飲み物を注いであげるような気配りも必要ですし、作り笑いをしなければいけないシーンもあるでしょう。

スペックの高い男性がいたら当然競争になるので、そこでもエネルギーを使います。

婚活は、日常生活で自然と生じる恋愛と違い、ゆっくりとお互いを知っていくというわけにはいきません。それができるのは交際が始まってからです。最初は急激に仲を進展させる必要があるわけです。したがって、かなり神経を使うのです。

しかも婚活は多くの男性との出会いが待っています。そのすべてに全力投球していては気が滅入ってしまい、婚活疲れになるというわけです。

恋愛へのモチベーションが下がってくる

出会った男性との最初の会話はどうしても似たものになります。婚活の期間が長くなればなるほど「またここからか・・・」とうんざりしてしまうことは多いです。

最初の自己紹介期間を抜けないと仲が進展することなどないとわかっているのですが、そう毎回毎回ときめいていられないのも実情です。

そうした時に、既婚者から頼んでもいないアドバイスがあるとさらにうんざりしてしまいます。例えば「本当に結婚する気がないからいつまでもうまくいかないんじゃないか」とか「もっと服を選んだ方がいい」とか「魅力があれば男の方からガンガンアプローチしてきてくれるよ」といった具合です。

婚活から始まる関係も恋愛の一形態ですから、ある程度は恋愛脳でいなければいけないものの、何件もこなしているとマンネリになってしまい、婚活疲れするということです。

ハードスケジュール

婚活の期間

まずは会って話してみないとわからない、とばかりにドンドン男性とのアポを入れてめまぐるしく活動した結果、疲れてしまうというケースもあります。人によっては複数の出会いやパーティー、デートを同時並行でこなすツワモノもいるとか。

婚活に積極性は重要な要素ですが、オーバーワークでは身体がついていきません。また、 “数を打てば当たる”というようなやり方では、じっくりと相手のことを考えることができず、せっかくの出会いを育むことができない可能性もあります。

身体的にも疲れて、婚活の成果もあがらなければ、婚活疲れになっても無理ありません。

“断り疲れ”のケース

婚活で断るのが下手な女性婚活という場では、当然男性も理想の相手を探しています。あなたが気になる男性すべてが、あなたを気に入ってくれるとは限らないように、あなたを気に入った男性を、あなたが気に入るとは限りません。

あまり気に入った男性でないのに、熱心にアプローチされてしまうというケースは珍しくありません。性格が優しい女性に特に多いようです。

もちろん、熱心なアプローチに心を動かされ、デートしてみたらとても素晴らしい男性だった、という可能性もゼロではありませんが、あまりにも理想から離れた男性の場合は断らなければいけなくなるでしょう。

俗に言う“キープ”という選択肢もありますが、これは男性に失礼ですし、あまりキープを増やすと自分が男性に求める条件がブレてしまい、結局全部うまくいかなくなってしまう可能性もあります。

したがって男性のアプローチを断るわけですが、男性の好意を断るのは意外としんどいもの。相手の好意が強ければ強いほど「なんか悪いな」と思ってしまう人も多く、断ることが増えてくると婚活疲れになってしまうのです。

適切な婚活ができていない!?

恋活アプリの会員数

非常に多い婚活疲れの原因として、婚活方法そのものがあなたに合っていないというケースがあります。

人混みが苦手なのに大規模なパーティーに無理に参加したり、ネットが苦手なのにマッチングサイトを利用したりすると、なかなかうまくいきません。

いくら口コミで評判が良くても、その方法があなたにピッタリとは限らないのです。

自分からグイグイと相手の懐に飛び込んでいけるタイプの人はパーティーや合コン系の婚活が合うでしょう。得意のフィールドでイキイキと話すことができたなら、自然と男性にあなたの魅力をアピールできます。

たくさんの男性と一度に合うのは苦手で、最初はメールなどのやり取りをして、徐々に仲良くなっていきたいという方はネットによる婚活がいいかもしれません。コツコツと関係性を構築していけば、気になる相手と交際し、結婚まで持っていくことも難しくないでしょう。

引っ込み思案でコミュニケーションが苦手な方は結婚相談所が最適。相談所には「データマッチングタイプ」と「仲介タイプ」があります。

「データマッチングタイプ」は大量のデータから最適な男性を探すことができるという利点がありますが、登録されたデータからコンピューターがマッチングさせている分、言葉にできない“雰囲気”のようなものまではわかりません。

その点「仲介タイプ」であればカウンセラーが最適な男性を選び出してくれるので安心です。コンピューターに比べて数は劣りますが、経験豊富なプロが選び出してくれた相手なので、スムーズにコミュニケーションできる可能性はかなり高いでしょう。

結婚相談所
口コミを比較して選んだおすすめの結婚相談所ランキング

「真剣に結婚を考えている」 「今すぐにでも結婚したい!」 「婚活サイトや婚活パーティーに参加してもなかなかいい人が見つからない!」 そうした悩みを抱えた方が多いのが、とても多いと思います。 そんな悩み ...

このように、一口に「婚活」といっても、様々なタイプがあり、どれがあなたに最適なものかは一概に言えないのです。

もし「なんか婚活疲れがあるかもしれない」とぼんやり感じているなら、婚活そのものを振り返って見直すのも効果的な手法なのです。

結婚相手探し
結婚相手探しの方法にはどんなものがある?

ある程度年齢を重ねてくると、結婚したい!という欲求が高まってきますよね。しかし、社会人になると異性と出会う機会は少なくなってしまい、婚活をしようにもどうしたらいいのか分からない人が多いのではないでしょ ...

婚活疲れ対策のアドバイス

イケメンではなく自分に合った男性を

イケメン男性「イケメンとフツメン、どっちが好き?」と聞かれれば、多くの女性が「イケメン」と答えるでしょう。しかし、婚活でイケメンばかり探していると当然競争率が高くなり、結果として「全然出会えない」という状況になり婚活疲れに悩まされることに。

恋愛をするならイケメンがいいかもしれませんが、結婚となると話は別。結婚でもっとも重要なポイントは「これからずっと一緒に生きていけるか」です。

金銭感覚や、プライベートな時間の使い方などは夫婦生活を送る上でとても大切です。ここが合わないと、一緒にいて苦痛になりかねないのです。ぜひ、相性を考えた上で婚活をしてみてください。

条件は最低限に

結婚相手の条件

結婚相手に求める条件は多ければ多いほど理想的な男性に近くなりますが、反面、出会える確率は減ります。そういう男性が少ないだけでなく、パーフェクトに近ければ近いほど女性からの人気も高く、まさに最難関の婚活相手になってしまうわけです。

出会えない、うまくいかないでは婚活疲れが増すばかり。もし厳しい条件を設定しているなら、一度見直してみましょう。意外と「これはなくてもいいか」と思えるものがあるはずです。

「結婚する上で絶対にこれだけは外せない」という条件を3つくらいに絞り込むのがオススメです。

自分の女子力を信じる

恋愛脳の女性

婚活で失敗が重なると自信を失ってしまいがち。「私には魅力がない」とか「自分勝手過ぎるのかも」とか「誰からも愛してもらえないんだ」といった具合に、どんどんネガティブになってしまう方がいますが、そんな必要はありません!ネガティブになっていいことはひとつもないのです。

ご自身の「女性力あるな」と思えるポイントを思い出してみてください。どんな小さなことでも構いません。

「花が好き」レベルでも構いません。とにかく女子力があるということは、それを魅力に感じる男性がいるという証拠なのです。

自信過剰で高飛車になっても困りますが、暗い女性よりは明るい女性の方が断然魅力的に見えるでしょう。

断られても自分を責めない

考える前の行動相手から断られた時、ドスンと婚活疲れが襲ってきます。それは断られたことからくる「自己否定」の気持ちです。「私のアレがいけなかったんだ」とか「あの時のセリフが彼を不快にさせたのかも」など、自分に原因を求めてネガティブ思考になってしまうのです。

しかし、例えば価値観が合わなかった時などは、どちらの価値観が正解というわけではないので、あなたに非はありません。あなたがアウトドア派で、男性がインドア派だからといって、アウトドア派が悪いということはないでしょう。

断られた原因は色々あるかもしれませんが、必要以上に自分を責めるのは無益なことです。何か原因があっても反省材料と考える程度にして、次にいきましょう。

つまらない固定観念は捨てる

「結婚しない女は負け組」、「仲の良い友達は全員結婚したから、自分も早くしないと」、「両親を安心させてあげないといけない」・・・。そんな考えで婚活を焦っていませんか?

こうした固定観念に縛られることで余計なプレッシャーを感じ、婚活疲れに陥ってしまう人は少なくありません。

そもそも結婚は幸せになるためにするものです。固定観念に縛られていると、その観念から外れないように結婚をしようとしてしまいます。これでは幸せな結婚をできる可能性も少なくなってしまいます。

是非、ご自身の幸せな未来を思い描き、余計な雑音に惑わされないようにしましょう。

婚活情報を遮断する

婚活に関する情報婚活疲れになってしまった時は、原因をなくし、回復させることが重要です。婚活中の人はどうしても結婚情報、婚活情報が気になってしまうもの。現在は情報化社会ですので、すべての情報をシャットアウトすることは難しいかもしれませんが、意識的に触れないようにするだけでも違います。

婚活疲れの時は、結婚情報や婚活情報はストレスにしかなりませんから、それを遮断することで少しは心が休まることでしょう。意欲が出てきた時にまた始めればいいのです。

オンとオフのメリハリを意識する

婚活のことしか考えられない状態になっている時は要注意。「全然疲れていないけど」と思っていても、どこかで限界が来てしまう可能性が高いです。

人間は婚活だけで生きていけるはずがないので、その状態に違和感を持たなければいけません。

婚活の時と、そうでない時にメリハリをつけましょう。例えば仕事や趣味、お稽古など、別のことに取り組むことは、婚活と直接つながっているわけではないものの、あなたの引き出しを増やすという意味で婚活に役立つこともあります。

仕事に打ち込めば、自信にもつながり、婚活の現場でハキハキとできるでしょう。同じ仕事をしている男性と会話が盛り上がることもあるかもしれません。趣味は出会いの可能性もありますし、リラックス効果は計り知れません。お稽古はあなたの魅力に直結します。

婚活以外の時間も大切にすることで、婚活疲れを予防し、あなたの魅力を高めることもできるのです。

相談やグチも重要

友達に話しを聞いてもらう女性婚活の相談やグチは、簡単にできないかもしれません。多くの女性が婚活しているということを隠す傾向があるからです。

ただ、そうやって相談もグチもガマンしていると、どんどんストレスが溜まっていく一方です。「誰にも言っていない」ということがストレスになっていることもあります。

信頼できる友達や、婚活で知り合った同性などに相談やグチを聞いてもらうことは、婚活疲れにとても効果的ということを覚えておきましょう。

“ブラック婚活”から“ホワイト婚活”へ

婚活イベントやデート、その他に仕事やプライベートまでこなそうとすると予定表はビッシリ埋まってしまうことも多いでしょう。酷い時は一日に複数の予定をこなさなければいけないケースもあるかもしれません。

そんなブラック企業ならぬ“ブラック婚活”では精神的にまいってしまって当然です。予定には余裕を持ち、プライベートも充実させる“ホワイト婚活”を心がけましょう。

「メールは1日に5回まで」とか「パーティーは月に1回」といった具合に、無理のない目標を作るといいかもしれません。

身体の疲れを無視してうまくいかないのは仕事も婚活も同じです。

婚活の期間を区切る

プライベートに干渉しない女性

長期間婚活を続けてマンネリ化してしまっている方は、いっそのこと区切りをつけるのもひとつの手です。

「いつまでに交際できる男性を作る」と目標をたて、それがダメなら一度婚活から離れてみると心に決めることで、ひとつひとつの婚活に全力で取り組めるようになるからです。ダラダラと続けてしまっている現状が婚活疲れになっている方に特にオススメです。

独身も悪くないと考える

結婚できなくて焦っていると、ストレスしかありません。現状が独身であることは間違いないのですから、婚活疲れに悩んでいる人は独身の良さを見直してみてください。

もちろん「独身の方がいいや」となっては本末転倒ですから、あくまで「婚活で焦る必要はない」というレベルで止めてくださいね(笑)

独身の良いところを認識することで、「独身であること=悪」という悩みが軽減できるので、ストレス対策に効果があるといえるでしょう。

ひとつひとつの婚活を真面目に考え過ぎない

婚活について真面目に考える女性相手のいることですから、婚活を誠実に行うことは非常に重要です。とはいえ、自分があまり魅力を感じない男性に対してまで全力で取り組んでは疲れて当然でしょう。

婚活は面接ではありません。相手はあなたを「選んでやる」という立場ではないのです。選び、選ばれの対等の関係ですから、あまり堅苦しく考えすぎず、リラックスして会話を楽しみましょう。

真面目すぎる人が多いからこそ、レクリエーション系の企画もの婚活がたくさん行われるのでしょう。あなたも気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

一緒に料理を作ってみたり、アトラクションを楽しむことは一見婚活になっていないかもしれませんが、あなたがこれから一生をともにするかもしれない男性ですので、たくさんの素顔を見られる機会と考えれば、思い切り楽しむことが正解なのです。

日頃の生活の注意点

インドアよりもアウトドアを心がけて

アウトドアな女性「婚活をしていない時は家でゆっくりしたい」という方は多いと思います。しかし、インドアに寄り過ぎるとどうしても内向的になってしまいがち。いざステキな男性が現れた時にアワアワしてチャンスを逃すのはもったいないです。

インドアな趣味や、身体を休めることも大切ですが、適度に外に出ることを意識しましょう。健康的にもそちらの方がオススメです。

インターバルはほどほどに

婚活疲れを取るために、少し婚活を中止することは悪いことではありません。しかし、あまりに長い間離れていると、モチベーションがすっかりなくなってしまい、元に戻すのに一苦労します。最悪「婚活はもうしなくていいか」と、投げやりな気持ちになりかねません。

婚活疲れを取るため、といって楽な方に逃げる口実にしないようにしましょう。

まとめ

婚活疲れは珍しいものではなく、婚活をしていれば誰にでも起こる可能性があります。ご自身の婚活を振り返ってみることは、婚活疲れを予防、解消するのに役立つだけでなく、より良い婚活をするためにも効果的です。

あくまで自分のペースで、周囲に惑わされず婚活を続けてください。

リフレッシュすることであっさり理想の男性がゲットできる可能性もあるのです。

-婚活

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.