fbpx

明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

結婚相談所の掛け持ち

おすすめの結婚相談所ランキング

結婚相談所の掛け持ちってどうなの?フル活用の秘訣を徹底解説!

投稿日:

婚活している人からこんな悩みや不安をよく聞きます。

「結婚相談所に登録してもうまくいかず、交際もお見合いも全滅・・・」
「お見合いを申し込んだのに、返事に2週間もかかっている」
「担当の仲人さんは、ちゃんとお見合いの申し込みをしているのか?」
「うまくいかないのは、結婚相談所との相性が悪いのかも!違う相談所にも登録してみるっていうのはどうかな?」

婚活が上手くいっていない方は、同じようなことを考えたことありませんか?

出会いのチャンスを増やすという点から考えると、結婚相談所の掛け持ちはアリです。しかし、場合によっては「ムダ金」になる可能性もあるので要注意です!

今回は婚活で後悔しないために、現役仲人に聞いた『結婚相談所の掛け持ちについて』をお伝えしたいと思います。相談所に掛け持ち登録する場合はぜひ参考にしてください。

結婚相談所の掛け持ちのメリット

1. 出会いの機会がアップする

マッチングアプリのユーザー数掛け持ちをすれば当然、探せる異性の幅が広がります。それはお見合い相手の増加に直結することでしょう。

現在の結婚相談所は「女性余り・男性不足」の傾向がみられます。そういう現状から考えると、女性の掛け持ちは効果大といえます。すぐに相手が見つかってしまう条件の良い男性に出会えるチャンスも増えることでしょう。

2. たくさんの助言を聞くことができる

結婚相談所の助言を聞くあなたを担当してくれる仲人は基本的にひとりですよね?コロコロ変わられては効果的なマッチングができないからです。しかし担当者の視点は十人十色。人が変わればアドバイスも変わるものです。

結婚相談所の掛け持ちは、担当者が増えることを意味します。言うなればセカンドオピニオンのようなものですね。新しい視点から、思わぬアドバイスをもらえるかもしれません。

また、婚活を始めて間もない方は、自分の仲人との相性が判断できません。比較対象がいれば、担当変更の基準ができることでしょう。

3. 成婚まで短時間で済む可能性がアップ!

結婚相談所の掛け持ちで時間がかからない出会う機会が増え、効率的なアドバイスを受けることができれば、当然成婚率も高まることでしょう。

結婚相談所の掛け持ちを始めたら3カ月~半年で成婚できたというケースは珍しくないそうです。

結婚相談所の掛け持ちのデメリット

1. 婚活の費用が増えてしまう

課金額が高い別の相談所を掛け持ちするのですから、どうしても経済的な負担が増加してしまいます。

しかし両者をフル活用して集中して婚活できれば、短期間で成婚できる確率も飛躍的に上昇します。なんとなく登録して婚活を続けるよりも、一気に成婚まで持っていければ返って安く済むこともあり得ます。

逆に掛け持ちしても本腰を入れて活用しなければ費用が増えるだけで終わってしまうでしょう。

2. 相談所ごとのルールや空気の違いで混乱する

結婚相談所の助言で混乱する結婚相談所によって独自の決まりごとや、そこまで行かなくても雰囲気・空気のようなものがあります。

こうしたものが違ってくると、ふとした時にその集まりの中では変な行動と取られてしまうことをする可能性があります。そのズレが相手に不信感を植え付けてしまう可能性は否定できません。

3. 助言に振り回される

メリットに書いた多様なアドバイスが受けられることが、そのままデメリットになってしまうケースがあります。

例えば「あなたの喋り方は直した方がいい」という助言を担当者から受けたとします。しかし掛け持ちした相談所では「その喋り方はすごくいいですね」と言われてしまうと、どちらを信じたものかわからなくなってしまうのです。

ある程度は自分なりに取捨選択する必要があるかもしれませんね。

4. 婚活にたくさんの時間を取られる

結婚相談所を掛け持ちすると婚活に時間がかかるお見合いもデートも増えるのですから、それだけ時間も必要になります。

仕事をしている人であれば休みはほとんど婚活に費やすことになるでしょう。自分の趣味の他のことは一切できなくなる可能性もあります。

スケジュールが過密になり、うっかりダブルブッキングしてしまうことも考えられます。一度に大勢の相手と仲を深めようとする時は充分に注意しましょう。

結婚相談所の掛け持ちがおすすめできる人

マッチングアプリの本人確認メリットとデメリットはおわかりいただけましたか?

以上を考えると、掛け持ちがオススメできる人が浮かび上がってきます。以下の項目が2つ以上当てはまる場合は、掛け持ちを検討してみるといいと思います。

  • 1年以内に結婚したい
  • 結婚適齢期から外れつつある(外れてしまった)
  • 出会いの機会が少ないと感じる
  • スケジュールに余裕があり、もっと婚活に時間を使いたい

結婚相談所の掛け持ちする時に気をつけること

1. 結婚相談所を安易に決めない

『結婚相談所の掛け持ち数=結婚への近道』ではありません。ただ増やせばいいというものではないのです。

自分と合っていない結婚相談所に入会してしまい、すぐに退会してしまうケースもあります。雰囲気は外からはなかなかわからないかもしれませんが、それ以外にも料金や、地理的な関係、フォロー体制などが「合わない」と思って辞めてしまう人は少なくありません。

『掛け持ちすること』にばかり気を取られて失敗しないように、慎重に相談所選びをしましょう。

2. 掛け持ちする結婚相談所が加盟する連盟が異なるかを確認する

つぶやき検索機能結婚相談所の多くは、自社会員のみでお見合いをセッティングしていては限界があるので、相談所ごとの情報を共有しあって出会いの機会を増やす場である「連盟」というものに加盟しています。

主要な連盟は以下の5つです。

  • IBJ日本結婚相談所連盟 IBJ
  • 日本仲人連盟
  • 日本ブライダル連盟
  • 一般社団法人JBA 日本結婚相談協会
  • 良縁ネット

こうした連盟に属している結婚相談所は、連盟のデータベースに会員情報を登録しています。各会員はIDを割り当てられ、データベースで管理されるのです。つまり同一連盟の結婚相談所にいくつ登録しても、あなたに提供される会員情報は同じなのです。

これでは出会いの機会を増やすということにまったくつながりません。

結婚相談所の所属先連盟はしっかりチェックする必要があります。

しかし、相談所のウェブサイトのなかには加盟している連盟が書かれていない場合があります。これはどういうことなのでしょうか。考えられる理由は2つです。

ひとつは自社の会員内マッチングが基本の相談所であるケースです。

なかなか相手が見つからない時に連盟会員から探して紹介するスタンスなので、あえて所属している連盟を公開しないのです。しかし、意外と連盟会員からの紹介も多いのが現状なようです。

もうひとつは、特に理由なく表記していないケースです。

複数の相談所に登録する時は事前に連盟を確認するなど、慎重に判断するようにしてください。

3. 婚活疲れにご注意

以前、婚活をしていたけど、今は辞めている人にマクロミルという調査会社がアンケートを実施しました。すると、婚活を辞めた理由で多かった回答は「なかなか相手が見つからず疲れたから」でした。なんと婚活を辞めた方の59%が婚活に疲れていたのです。

結婚相談所を掛け持ちして出会いのチャンスを高めることは効果的ではありますが、その分婚活疲れを引き起こしてしまう可能性も高まるといえるでしょう。

無理に婚活を続けて、反動でやる気がすべてなくなってしまっては本末転倒です。

年齢のことなどで焦る気持ちもあるかもしれませんが、婚活疲れしてしまう前に思い切って休むことも大切です。「急がば回れ」という格言は婚活にも通用するのです。

4. 結婚相談所ごとの特徴を見極めて利用する

誠実な結婚相談所結婚相談所を選ぶ時はサービス内容に注意してみましょう。

例えば、Aという相談所はマナー講座に力をいれています。掛け持ちを考えるなら、マナー講座をウリにしているBという相談所よりも、ファッションセンスの講座に力を入れているCという相談所の方がいいでしょう。

このように、せっかく掛け持ちをするのならば、婚活の幅を広げられる選択をしましょう。

それぞれの結婚相談所の良いところ、悪いところを見極めることが重要です。そのためには口コミなどを目安にしてみるのもひとつの方法です。

5. 希望する結婚時期から逆算して選ぶ

希望する婚期先ほど書いたように、結婚相談所の掛け持ちでネックになるのがコストです。できるだけ経済的負担を抑えるためにも、結婚したいと考える時期をある程度固めて、そこから逆算してやるべき婚活を考えましょう。

掛け持ちをする上で最も避けるべきなのはダラダラと続けることです。掛け持ちを考えているのであれば、早く結婚したいのでしょう。短期間で結婚を目指せるサポート体制がある相談所を厳選してください。

結婚相談所のタイプとおすすめの組み合わせ方

結婚相談所の組み合わせ結婚相談所は大きく分けると2つのタイプがあります。

ひとつは「仲人型」です。専門カウンセラーがあなたに最適な相手を紹介してくれます。このタイプはサポートが手厚い分、料金も高めです。

もうひとつは「データ型」です。こちらはコンピューターを使って、お相手をマッチングしてくれます。「仲介型」に比べてサポートは薄いですが、料金は安いのが特徴です。

結婚相談所はこの2タイプが独自のサービスなどを展開して独自色を出しているといえます。

以上を踏まえてオススメな組み合わせ方を考えてみましょう。

「仲人型」と「データ型」を組み合わせた時の相乗効果

サポート重視の「仲人型」を組み合わせれば、大きなサポートが期待できます。婚活に対して悩みが多かったり、たくさん相談したいという場合はこの組み合わせがいいでしょう。ただ、経済的な負担は大きいです。

逆に「データ型」×「データ型」は価格を抑えて掛け持ちができますが、サポートが手薄なままです。もし婚活に行き詰まって掛け持ちを考えているなら、データマッチングと相性が悪い可能性が高いので、あまり効果は上がらないかもしれません。

折衷案といえる「仲人型」×「データ型」は、異なるマッチング方法になるので、それまで紹介されなかったような異性と出会える可能性があります。

掛け持ちするときにおすすめの結婚相談所

これまでの内容を踏まえて、オススメできる大手結婚相談所をタイプ別にご紹介します。

仲人型のおすすめ

  • 『IBJメンバーズ』
  • 『NOZZE(ノッツェ)』

データ型のおすすめ

  • 『楽天オーネット』
  • 『zwei(ツヴァイ)』
楽天オーネット
楽天オーネットって正直どうなの?評判からみたデメリットとメリット
ツヴァイ
ツヴァイで結婚できない?口コミ評判を検証

また、コスト重視の方には『ゼクシィ縁結びカウンター』が優れています。

結婚相談所を掛け持ちをする前に以下をチェック!

自身の活動と照らし合わせて、掛け持ちで現状を改善できるかどうか考えてみましょう。

1. 婚活が上手くいっていない理由を考える

まずは、現状の把握です。なぜ婚活が思うようにいかないのでしょうか。問題を書き出してみるといいでしょう。また、担当者に相談してアドバイスを受けるのも有効です。

その上で、うまくいかない原因が掛け持ちすることで解消できるか考えましょう。

2. 掛け持ちしなくても改善するかも?

例えば、結婚相手を探す条件を変えたり、希望を緩和したりすることで紹介される数は増えることでしょう。結婚相談所主催のパーティーに参加するのも出会いの幅を広げてくれます。

また、担当者と相性が悪いと感じているなら、担当を変えてもらうことも可能です。

うまくいかないからすぐに何か新しいことに飛びついていては、根本的な解決にならない可能性があります。ある程度の問題はちょっとした努力や相談でなんとかなることが多いのに、それをせずに掛け持ちをすれば、同じことの繰り返しになるでしょう。

また、既に書いたように「婚活疲れ」であれば、一度中断してリフレッシュすることも考えるといいでしょう。
とにかく問題点を洗い出し、それが本当に現状では解決しないのか考えてみましょう。

3. 掛け持ちを判断するポイント

データマッチング型の結婚相談所あらゆる努力をしても改善しないなら、掛け持ちは有効な選択肢になります。

出会いの機会が増え、新しい担当者から思わぬ婚活プランを提示してもらえるかもしれません。また、もっと婚活に時間を使いたいと思っているなら、掛け持ちすることでどんどんスケジュールを婚活で埋めることができるでしょう。

現状を打破する最善策が結婚相談所の掛け持ちだと判断できたら、なるべく早く実行してしまった方がいいと思います。掛け持ちは短期間で成婚に至るための手段でもあるため、モタモタと考えていてはムダな時間を過ごすことになるからです。

結婚相談所で出会いを増やすコツ

婚活相談所を掛け持ちしてもお見合い相手が見つからないのなら、プロフィールの見直しをしてみましょう。

嘘を書くことは論外ですが、写真を差し替えてみたり、文章を見直してみたりすることは意外と有効な手段です。

プロフィール写真をきちんとスタジオで撮影したものに変えるだけで、第一印象が変わってくるでしょう。ただ、あまり写真写りにこだわりすぎて、本来の自分を隠してしまっては逆効果です。もし写真と実物がまるで別人だったら、あなただって「騙された!」と思うでしょう?(笑)

文章には自然とその人の人間性があらわれるもの。自己PRが1~2行しかないと「この人はどんな人かわからない」と判断されてしまいます。

自分では必要ないと思っていた情報も相手にとっては興味深いものかもしれませんし、会話のきっかけに発展することもあります。別に名文を書く必要はありません。あなたらしさが感じられる文章をがんばって書いてみましょう。

また、結婚相手の希望条件も見直してみるといいでしょう。あまりガバガバな希望にしてはいい相手に出会えませんが、厳しすぎてもいけません。その分競争率が高まるからです。

「本当にこの条件でないと結婚相手として考えられないのか」と冷静になって見直しましょう。あくまで妥協するのではなく、「条件を別の角度から考えてみる」のがポイントです。極端な例をいえば、「医者以外は論外!」という考えに縛られていたら弁護士の相手を逃している可能性だってあるわけです。

これらの改善策はお金が必要なものではないので、いまひとつ出会いに恵まれていないと思ったら、ぜひお試しください。

まとめ

今回は結婚相談所の掛け持ちをテーマに、そのメリットとデメリットに始まり、そもそも掛け持ちとはどういうものなのか、効率的な相談所の組み合わせ、掛け持ちを考える時の注意点などをご紹介しました。

「結婚のためならいくらでもお金と時間を使う覚悟だ!」という気持ちはわかりますが、掛け掛け持ちが100%の成婚を約束するものではありません。

すぐに掛け持ちを考えるより、一度自分の婚活を見直すことも重要です。

また、結婚相談所とは婚活のプロがいる場所なのですから、相談しないのは損です。

結婚は自分ひとりでできるものではないのと同様、婚活も自分中心で考えず、周りの意見やアドバイスも考慮して、紹介された相手をしっかりと見てあげましょう。

-おすすめの結婚相談所ランキング

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.