医者

婚活

医師と結婚したい人に知って欲しい出会い方やデメリット

更新日:

不景気な世の中、できることなら金銭面的に安定している人と結婚したいですよね。その中でも「お医者さんと結婚したい!」という方は多いのではないでしょうか。

しかし現時点で積極的に婚活している医師は少ないそう。チャンスが巡ってくるのを待つしかないのでしょうか…。

でも、そこで諦めてはいけません。結婚したいと思っている医師は絶対に存在します。

今回はいつか運命の人と出会う時のためにしておくべきこと、そして医師と結婚してから心得ておくべきことをまとめてみました!
いまのうちに準備万全にして、彼のハートをゲットしちゃいましょう!

医師と結婚するメリット

経済的に安定する

医師と聞くとお金持ちというイメージがわきますよね。実際の年収を考えても普通のサラリーマンの3倍以上稼いでいるようです。ただ、研修医時代の年収は約300万程度で、開業医の場合は個人差があります。期待しすぎないようにしましょう。

といってもやはり収入が良いのは事実ですから、憧れの生活を手に入れることができるかもしれません。子供が生まれたときに自由に将来を選ばせてあげることもできますし、不自由ない生活を与えられるのは大きなメリットですよね。お金はあって損はないので、精神的にも安定できるのではないでしょうか。

職務を全うしている姿に尊敬できる

医師になる道は遠く険しいものですが、乗り越えているからこそたくましく見えますし、尊敬できますよね。もちろん家庭を支えてくれる夫の存在はありがたいですが、医師ともなれば尊敬の度合が大きく変わってきます。

また、患者を救う使命のもと激務をこなしていますから、生半可な気持ちで続けられる職業ではありません。人の人生を左右する仕事であると考えたら、精神的にも大きな負担がかかります。妻としては献身的に支えてあげたくなるのではないでしょうか。

社会的地位が高い

医師という職業は、責任が重い分それだけ周囲から憧れや尊敬を抱かれやすいです。就職し継続的に働くくことができている精神力もさることながら、年収や学力の面においてもハイレベルなため必然と言えば必然ですね。

また、結婚をすると車や家を買うことになりますから、高い生活水準が垣間見えた時にも羨望の眼差しで見られがちです。

一方で、それだけ素晴らしい人の妻になれたというイメージがあなたにもつきますから、あなた自身の社会的地位も向上することになります。いわゆる「勝ち組」という存在ですね。世間の目を気にしがちな人にとっては嬉しいイメージアップではないでしょうか。

専業主婦になれる

医師は多忙で自宅にいることが少ないため、妻が専業主婦となって家庭を守らなければなりません。一方で金銭面の心配はほとんどありませんから、働きたくない方には嬉しい話ですよね。

家事が一通り終われば趣味や好きなことに時間を充てることができますし、友人とランチに行くことも可能です。1人で過ごす時間が欲しい方にはオススメですよ。

医師と結婚するデメリット

勤務時間が不規則

患者を相手にするお仕事ですから、いつ不測の事態が起こってもおかしくありません。よって、どれだけ大事な約束があってもドタキャンされる可能性を常に孕んでいます。

旅行や長期休暇の計画は立てづらいですね。毎日の生活で幸せを感じ、デートを断られても「大丈夫だよ!」と言ってあげられる人でないと結婚は難しいかもしれません。

対人関係におけるストレスが多い

医師の人間関係の中に入るわけですから、相応のスキルが求められます。立ち振る舞い、マナー、コミュニケーション能力、学力等々…夫となる人がどれだけ愛してくれていても、スキルが低いと判断されれば周囲からは馬鹿にされてしまう可能性もぬぐえません。

その中で強かに居続けるにはそれなりの覚悟が必要です。コミュケーションが苦手であったり負けず嫌いの方にとって、レベルの高すぎる人間関係はストレスの原因になってしまう場合があります。

育児には非協力的

医師は仕事にかかりきりになってしまうため、家庭のことは妻に放任する人が多いようです。育児や教育に口出しすることはあっても、実際に参加することができないのです。そうすると意見のすれ違いや育児の大変さを理解してもらえないといった問題が発生し、ストレスにつながる場合があります。

また、医者の子供だからという理由で「医大に進むべき」という周囲のプレッシャーもかかってきます。子供が進んでその道へ向かっているのなら良いですが、そうでないとなると進みたかった道を閉ざしてしまいかねません。一番そばで見ている母親も苦しい思いをすることになります。

育児で生じた不和が夫婦関係に亀裂を生じさせることもあるので、よく相談をすることが必要になりそうです。

以上メリットとデメリットをご紹介しました。医師を支えるのは大変ですが、一方で生活の安定は見込めそうですね。
しかし、激務の中出会うのは難しそう…と思っているそこのあなた!ここで医師が結婚を考える3つのタイミングをお教えします!ここを逃すと出会いを探すタイミングが失われてしまうので要チェックですよ。

医師との出会うのに最適なタイミング

学生時代

医師を付き合いたいと思うなら、まだ医学部に通っている医者の卵を口説き落とすのも手です。学生のうちは女性と遊びたい盛りですから、その間に女性としての魅力を最大限にアピールしちゃいましょう!

将来性はもちろんのこと、若さにおいてもねらい目ではないでしょうか。

研修が終了した後

研修が終わるとようやく医師として独り立ちすることができます。このタイミングで「誰かに支えてほしい…」と思う意思が多いようです。

激務を理解し、しっかり支える姿をアピールすることで将来を考えてくれるかもしれません。学生時代に比べ結婚がより現実的になっている時期ですから、結婚のタイミングとしては最適と言えますね。

30代、一人前になったタイミング

30代になってもなお医師という職業を続けられているということは、ある程度の地位や成功を手にして仕事にも慣れている時期です。医師という肩書を用いて女遊びをしていた人でも、さすがに腰を落ち着けたいと思うタイミングですから、容姿も中身も成熟した男性が残っている可能性があります。

彼らが相手を探す場所としては結婚相談所や婚活サイトなどが多いです。収入も生活も安定し、あとは家庭が欲しいと思っている男性が多いですから、結婚を視野に入れている可能性が非常に高いですね。

医師が結婚相手に求める条件

専業主婦を受け入れてくれる人

キャリアウーマンという言葉が生まれ、共働きの家庭も増えてきた昨今。自ら働きに出たいという女性の方も多いのではないでしょうか。

しかし医師は家を空けることが多いため、妻が家庭を守らなければなりません。そうするとパートでも働きに出るのは難しくなってしまいますよね。

できたとしても女性側が家事と仕事の両立をしなければならず、余計に負担がかかってしまうのです。そうなると専業主婦になるのが賢明な判断と言えます。

激務を理解してくれる人

どれだけ愛し合っていても、何度も約束をキャンセルされたら不満が溜まるのは仕方のないことです。しかし、医師という職業柄、激務であることは理解しなければなりません。

肉体的・精神的に疲労がたまりますから、家ぐらいは穏やかに過ごしたいと考える医師は多いです。そこで約束を破ったことを責めてしまっては、お互いに苦しくなってしまいますよね。

「仕事だもんね、私は大丈夫だよ。頑張ってね!」と送り出すことができる寛容な女性が求められています。

お金の管理がしっかりしている人

収入が安定してはいるものの、奨学金の返済や学会などへの出席費用などで支出が多いのも事実です。忙しい分お金の管理がなかなかできませんから、収支の管理ができる人を求める傾向にあります。

また、妻にも節制してほしいと考える人も多く、開業資金を貯めるために生活を切り詰める人もいます。全ての医師が優雅な暮らしをしているわけではないということを頭に入れて、それでも支えたいと思える人と付き合うのが良いのではないでしょうか。

医師と出会う前にしておきたいこと

習い事を始める

医師になる人は両親や祖父が医師であるといったように家柄が良い人が多いです。そのため、相手にも品格を求める場合があります。家柄はどうしようもないですが、知識やマナーは後からでも身に着けられますよね。習い事もその一つです。

オススメは茶道や花道、ピアノやバイオリンといった上品なもの。相手のご両親からの好感度が上がります。クラシックに精通しているのも良いですね。吹奏楽部に入っていたという方はその分ポイントが高いのではないでしょうか。

話のネタを増やすという意味でも新しいことを始めてみましょう。ひょっとしたら習い事を始めた先で医師と出会えるかもしれませんよ。

身だしなみを整える

人と出会う際に身だしなみを気にしない人とはお付き合いしたくないですよね。これは医師にかかわらず全ての出会いに共通することだと思います。

派手な化粧は嫌がられる可能性が高いため、清楚でおとなしい雰囲気のナチュラルメイクを身につけましょう。医師においては安っぽい服よりは上品な装いが好まれやすいです。自分の趣味ではなかったとしても出会いのため!少し奮発して服を買っても良いのではないでしょうか。

妻として夫を立てられる存在になる

医師と結婚した場合、妻として様々な場所へ挨拶に行くことになります。その時に礼儀作法がなっていなかったら、夫の顔に泥を塗ることになってしまいますよね。そうならないためにもマナースクールに通い、作法を身に着けておきましょう。

特に気にしておきたいのが食事のマナー。テーブルマナー講座なども開催されているので集中的に学ぶのも良いのではないでしょうか。

また、膨大な年賀状や挨拶状を書く機会があります。字に自信がない方はペン字や書道を習っておくのも良いですね。

なかなかタイミングを見計らえない…もっと手っ取り早く出会いたい!という方には医者専門結婚相談所「フェリーチェ」をお勧めします。

フェリーチェでは男性会員を医師・歯科医師に限定しており、確実に医師と出会うことができる仕組みになっています。婚活サイトというだけあって相手も結婚を意識していますから、今すぐ結婚相手として見てほしい方にもオススメです。

「インターネットで出会うのは…」と考える方もいるかもしれませんが、マッチングサイトで出会う人は増えています。プライバシーもしっかり守られていますから、気になる方は登録してみましょう。きっと素敵な出会いがありますよ。

まとめ

どうでしたか?参考になりましたでしょうか。

医師と結婚したい!と思う気持ちは誰にでもあるかと思いますが、結局はお互いの相性で決まるものです。もちろんお金や社会的地位は生きていくうえで大切です。でも、好きになれない相手と一生暮らすのは幸せとは言えません。

自分にとって何が一番幸せかを考えたうえで、医師との結婚を視野に入れるのが良いですね。

みなさんが幸せになれますよう、応援しています!

-婚活

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.