fbpx

明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

ゼクシィ恋結び

出会い系アプリの比較

ゼクシィ恋結びは出会える?気になる評判やデメリットを紹介

更新日:

リクルートの『ゼクシィ恋結び』は恋活を行っている方々に向けたアプリですが、利用するにあたって、アプリに対する評価について知りたいとお思いの方もいらっしゃることでしょう。

このアプリは、自分と相手の双方が『いいね!』を押すことによってマッチングが成功するといった実にシンプルのシステムとなっています。

これまでになかったシステムを導入したことで、利用していく上での不安というものがほとんどないわけですが、一部のユーザーは良くない評価をしていますので、利用するにあたっては、あらかじめチェックしておくようにしてください。

今回は、私のゼクシィ恋結びとその他6社の婚活に関するサービスを利用した経験とゼクシィ恋結びを利用した方々の評価を参考に『ゼクシィ恋結び』を利用した際に得られるメリットやデメリットについて考えていきたいと思います。

ゼクシィ恋結びのメリット

若者が多い

若い女性

ゼクシィ恋結びは、心から結婚を望んでいる方に向けられたアプリではないことは先ほどお話しした通りで、現に、真面目に婚活を行っている方々というのはそれほど見られず、プライベートをともに過ごす方を求めている人が多いように思われます。

このような事情からゼクシィ恋結びは35歳以降の方に向いているとは言えず、真剣に婚活を行っている方々であれば、ゼクシィ恋結びではなく、ゼクシィ縁結びと呼ばれる、アプリを利用した方がよいでしょう。

ちなみに、ゼクシィ縁結びもゼクシィ恋結びと同様、「リクルート」が取り扱うアプリとなっています。

相手の職業が明確にわかる

ゼクシィ恋結びでは、相手の現在の仕事内容が詳しく表示されるという、他社のマッチングアプリで見られない機能が備わっています。

他のマッチングアプリでは、職業を見ても「営業職」、「自営業」、「専門職」といったように職種以外の具体的なことが書かれていないケースが多く、仕事に関する話題を持ち出しにくい状況となっているのです。

その反面、ゼクシィ恋結びの場合は、『職業詳細』の欄に仕事の詳しい内容の記入を行えるため、専門職だけではなく、そこに薬剤師、看護師というワードを付け加えるのが一般的となっています。

自営業の方でも職業詳細の欄に細かい仕事内容を記入すれば、相手の方もあなたのことをよく理解してから『いいね!』をすることが可能となるのです。

運営が大手

リクルートマーケティングパートナーズ

『ゼクシィ恋結び』の運営元はリクルートグループ傘下の大手企業である株式会社リクルートマーケティングパートナーズです。

多くの方に知られているのはもちろんですが、それに加えて運営がサクラを用意することや、個人情報を売買するといった不安がないため、他社にはない大きな安心感があります。

サクラが少ない

ゼクシィ恋結びを利用するにはFacebookのアカウントを持っていることが条件となっていますので、アカウントのない方は当然として、Facebookでの友達の数が9人以下の方の登録も認められておりません。

このことをあまり良く思っていない方も多くいらっしゃいますが、このような厳しい条件を設けることによって、悪質な業者が簡単にFacebookのアカウントを取得して適当な名前で登録することを防げてもいるわけです。

さらに、運営ではサクラに対しては厳しい対応を取っていて、売春目的と思われるユーザーや、他のホームページへアクセスさせようとしているユーザーに対してはアカウントの停止といった措置を取るようにしています。

友達にはバレない

現在ご利用中のFacebookに登録している友達に関しては、ゼクシィ恋結びのユーザーには見えないシステムとなっているので、友達に利用を気付かれるという心配は無用と考えられます。

さらに、Facebookのタイムラインにゼクシィ恋結びに関することが出てくるようなこともありませんので、本名以外での登録が認められていないとはいえ、友達に利用を気付かれるということがないわけです。

検索機能が便利

ゼクシィ恋結びの有料会員の方は、同じ趣味を持った方の検索が行えるようになっています。

ちなみに、これと同じ機能をペアーズでも提供しておりますが、ペアーズの場合は有料会員で、かつプレミアムオプションに加入している方でなければ利用できません。

つまり、ペアーズで利用するには6,000円ぐらい支払う必要があるわけです。

一方、ゼクシィ恋結びの場合は、半額程度といったとてもリーズナブルな料金での利用が可能となっています。

男性の方であればぜひとも頭に入れておきたいところです。

出会えるシステムが完備

恋活を行っている方々に向けられたアプリでは、実際に出会いがあるのかといった点も重視していただきたいのですが、ゼクシィ恋結びの場合は、その点に関しての心配は無用と言えます。

機械学習でマッチング

利用者がこれまで検索に使用した条件、『いいね!』をした方をもとに、利用者が好きだと思われる異性の特徴を次々と覚えていって、次に検索を行った際には自分が好きなタイプの異性が検索結果に表示される確率が高くなっているのです。

つまり、使用する回数が多くなるにつれて、より短時間で自分が好きな女性や男性に出会うことが可能ということになっています。

女性のほうが多い

ゼクシィ恋結び以外の同種のアプリでは男性ユーザーが多くなっており、男性の割合が70%といったところや、まだ多いところだと90%といったところもあるようです。

しかし、ゼクシィ恋結びの場合は男性の方の割合が60%と男性の割合が極端に多くなってはいません。

この理由として考えられるのは、大手企業が運営元となっていることや、Facebookのアカウントを持っていることを条件としたこと等によって、女性でも参加がしやすい環境となっていること、さらに、名前に『ゼクシィ』というワードが存在していることも間違いなく関係していると言えるでしょう。

近くに住んでいる人と出会える

ゼクシィ恋結びでは、『つながりで探す』といった機能が備わっています。

これは、利用者が現在住んでいるところから、設定した距離の範囲に住んでいて、かつ利用者にマッチした女性を表示するといったものです。

また、この機能を利用して表示された異性の場合は、『いいね!』の代わりに『気になる』をすることとなっています。

そして、『気になる』の使用回数に制限は設けられていませんので、たくさんの相手に対して『気になる』をすることが可能です。

設定が可能な距離も50kmと幅広く、その距離に住んでいるあらゆる異性に自分を知ってもらえるといった点もゼクシィ恋結びならではの大きなメリットと言えます。

課金タイミングが良い

ゼクシィ恋結びの場合は、男性、女性に関係なくお金を支払わなければ使いこなすことは不可能となっています。

というのも、無料会員の場合は、仮にマッチングに成功した場合でもメッセージを一回しか送れませんので、きちんとした会話を行うことが非常に難しくなってしまいます。

ただ、『いいね!』は無料会員でも行うことは可能で、自分が好きな異性とのマッチングが成功してから有料会員になるといった方法も使えますので、料金が無駄になるようなことはありません。

そして、有料会員になるための料金に関してですが、女性の場合は最初に本人確認を行う時だけ手数料が必要となっており、クレジットカード払いの場合で108円、それ以外のGoogle Play等を利用して支払う場合は120円となっています。

一方、男性の方の場合は、毎月1,780円が最低ラインの料金となっており、利用する機能や、どのような方法で支払うかで料金が違ってくるということを覚えておいてください。

また、参考までにお話しておくと、ゼクシィ恋結びはブラウザー版を利用すると料金を20%ほど節約することが可能となっており、かつトラブルも起きにくいと言われていますので、スマートフォンでゼクシィ恋結びを利用する場合でもブラウザーを用いて利用するのがよいでしょう。

かわいい子が多い

近頃は顔立ちの良い女性でもゼクシィ恋結びに登録するケースが増えているようで、私も最近使ってみて驚いたのを覚えています。

最近使う前までは、『ペアーズ』や『with』等とレベル的にはほぼ同じというイメージでしたが、現在だと顔立ちのよい若い女性を求めている方であれば、ゼクシィ恋結びを利用するのがベストではないかと思っているぐらいなのです。

ですから、30歳前の女性との出会いを求めている方は、ぜひゼクシィ恋結びを利用してみてください。

無料で試せる

ゼクシィ恋結びでは、無料会員、有料会員といった分け方がされていて、前者の場合は利用が可能な機能は限られていますが、アプリを利用して異性を探すことやマッチング機能の利用は可能となっています。

ですから、無料会員は少し試してみたいという方に非常に向いており、連絡を取り合いたい異性が現れたタイミングで有料会員へ移行するというのも一つの手です。

ゼクシィ恋結びのデメリット

ゼクシィ恋結びに対する評価には良いものが多いですが、悪い評価をされている方も多くいらっしゃるのが現状です。

ここでは、YAHOO!JAPAN知恵袋等で存在する口コミを拝見したことで分かったゼクシィ恋結びを利用することのデメリットについてお話ししていきたいと思います。

婚活向けではない

ゼクシィ恋結びは恋活を行う方々に向けられたアプリですので、婚活を行っている方々には適しておりません。

『ゼクシィ』というワードは存在していますが、婚活を行っている方向けとはなっていませんので、ご注意ください。

アプリで重いことがある

ゼクシィ恋結びに限らず、このような類いのアプリでは、接続や表示に時間がかかる場合があると言われています。

この辺は利用するアプリ次第で違ってくるものであり、いつもそのような状態とはならないとは言われますが、起動に時間がかかってしまうという方も見られるのです。

このような不便な点については、現在リクルート側で良くしていこうと努力している最中だと言われています。

身分証が必要

不安に思うことなく利用していけるといったメリットともなっていますが、ゼクシィ恋結びで相手とメッセージをやり取りするためには、本人確認に加えて年齢確認も終了している必要があります。

年齢確認を行う時には運転免許証等の書類を提出することとなっていますが、これによって外部に個人情報が漏れるといった心配はなく、サイトの運営会社に対して自分が問題のない人物であることを理解していただいた上で、その他の機能の利用を認めてもらうという趣旨で行われるものです。

ただ、こういった面倒な作業は初めて利用する時に一回行ってしまえば、もう行われることはありませんので、特に気にすることもないかと思います。

ゼクシィ恋結びがおすすめな人

若くて恋人探しが目的の人

前述した通り、ゼクシィ恋結びを利用している方々の70%は20歳代と、他社と比べ若い方々が中心となっています。

そのため、30歳を過ぎている方に関してはマッチングの期待はあまりできません。

さらに、若い方々が中心といった点から、他社の婚活を行っている方々に向けたアプリと比較すると、結婚に対して前向きでない方が多くなっています。

つまり、30歳代ともなれば結婚を強く意識するようになるかと思いますが、若い方々の場合は、単に付き合える人を探したいといったように、求めていることが違うということです。

ただ、同じ30歳代の方でも32歳までであれば、まだ何とか20歳代の方と出会えることがあるかもしれません。

そして、32歳を過ぎている方でしたら、『ゼクシィ縁結び』がおすすめです。

ゼクシィ縁結びは、ゼクシィ恋結びとは違い、結婚を強く意識している方が多く存在するので、33歳以上の方でも満足できる可能性は高いかと思います。

Facebookアカウントがある人

ゼクシィ恋結びはFacebookアカウントを持っていて、かつ友達の数が10名以上といった条件を設けていることから、悪質な業者の利用が極めて難しくなっています。

そのため、ゼクシィ恋結びは友達の数が10人以上となっているFacebookアカウントをお持ちの方におすすめと言えそうです。

ゼクシィ恋結びと縁結びの違い

『ゼクシィ恋結び』、『ゼクシィ縁結び』では機能的に重なっている部分も多々ありますが、前者の場合は、「単に付き合える人を見つけたい方」に向けられたアプリで、後者の場合は「結婚を考えられる人を見つけたい方」に向けられたサイトですので、サービスの趣旨がまったく異なるわけです。

また、このような趣旨となっていることから、ゼクシィ恋結びの場合は、登録作業を簡単に行うことが可能で、付き合える人をすぐに見つけられる機能が備えられています。

ですから、ゼクシィ恋結びの場合は、あまり深く考えずに付き合える方を見つけたいという方に適していると言えるでしょう。

一方ゼクシィ縁結びの場合は、運転免許証等での本人確認に加えて、卒業証明書や収入証明書の提出も求められていますので、サクラといった、インターネット上で婚活を行っている方々が遭いやすい被害が少なく、真剣に婚活を行いたい方々がよく登録しています。

ゼクシィ縁結びは、この先の結婚のことも頭に入れた上で付き合える人を探したい方に適していると言えるでしょう。

まとめ

ゼクシィ恋結びの運営元は結婚情報雑誌『ゼクシィ』の運営元と同じではありますが、婚活を行う方々を対象としてはいません。

ゼクシィ恋結びは、『婚活に対してそれほど積極的にはなれないが、結婚願望は一応あるので、今のうちにその時に相手となる可能性のある人を見つけておこうかな?』といった程度の考えを持っている方々に向けられたサービスとなっています。

他社で提供されているサービスの利用に抵抗がある方でも、ゼクシィ恋結びであれば、問題なく利用していけるかと思います。

プライベートを一緒に過ごす人を見つけたい方や、恋をして幸せな気分を味わいたい方であれば、一度ご利用になってみるとよいでしょう。

『気になる』機能を活用して、毎日楽しく過ごせる恋人を見つけてみてください。

-出会い系アプリの比較

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.