LINE

出会い系アプリの比較

出会い系サイトで女の子の直アド・LINEを聞く方法

投稿日:

出会い系サイトというのは、実際に会うための手段に過ぎません。会うためには、相手の連絡先を聞き出さなければならないのです。ただメールを手当たり次第に送り、そのメールに返事が来た、と嬉しがっているだけでは進展しません。

いくらインターネット上で仲を深めようと、ネット内で完結しているようでは無意味なのです。インターネットはあくまで会うためのツールに過ぎないのです。

では、どうすれば直接の連絡先を教えてもらえるのでしょうか。

連絡先を聞き出せない、そこに行き着くまでにメッセージのやり取りが続かない、そういった悩みも解決できるはずです。参考にしてください。

連絡先の交換は早めが良い

早くから連絡先を交換することで、様々な良いことがあります。

まず、保有ポイントの浪費がなくなります。そして、悪徳ユーザーを見極めることができます。

サクラや業者などの悪徳ユーザーは、サイトから外れた付き合いを望んではいません。ですので、早くから連絡先の交換を持ちかけることで、それらの悪徳ユーザーを排斥することが可能なのです。

また業者ではなくても、早くから連絡先を交換してくれる異性は軽い付き合いを望んでいるのかもしれません。従って、その後のやり取りや付き合いも簡単に進めることができます。

LINE・メアドを聞き出すタイミング

連絡先の交換は早いほうがいいと言っても、タイミングがあります。タイミングを外してしまえば、教えてくれるはずだったとしても拒否されてしまう可能性さえあります。

たとえば街角で突然声をかけられて「アドレス教えて」と言われたとしたら、それを正直に教える人は果たしてどのくらいいるでしょうか。

ある意味、出会い系のサイトだって趣旨は似たようなものなので、着実に足元を固めて相手の気持ちも汲んでからでないと、あっさりと拒否されてしまいます。

だいたい、メールが今後も継続していきそうな雰囲気になるまで、3~10往復程度のメールの応酬が必要です。それまでは、連絡先を聞き出さないほうが無難です。

しかしここで気をつけていただきたいのが、メールが10往復以上になっても相手が心を開いてくれている雰囲気が無い場合、相手がただなんとなくメールを返しているだけ、という可能性がありますのでご注意ください。

そしてそのような相手には、あえて連絡先の交換の話を振ってみるのが手です。ふるいにかけることで、自分への気持ちをはっきりさせ、だらだらと意味があるのかないのか分からないメールのやり取りに区切りをつける賢いやり方といえます。

連絡先を交換するまでの流れ

では実際に、連絡先を交換したいという話は、どのように振るべきでしょうか。一歩間違えると、拒絶や嫌悪感の対象となってしまいます。最悪、二度とメールが返ってこないかもしれません。

基本的には、連絡先の交換の話を自分から持ちかけ、連絡先は必ず自分から教えるやり方が一番です。

たとえば、「連絡先を交換したいのですが宜しいでしょうか。もしOKの返事をいただけたら、先に私のほうから連絡先をお伝えします。教えていただくのはメールアドレスでもLINEのIDでもどちらでも大丈夫です」

このような文面だと、相手が好感を持ってくれると思いませんか。

女性側も、自分の手元に届いたアドレスにメールをすれば良いだけなので、ガードも少し薄くなるのです。そしてその後は、相手からの返信を待ちましょう。

なぜLINEのIDを聞くのか

いつでも連絡を取り合えるようにするため

LINEのIDの交換ができるのは、お互いの空き時間が偶然に一致して、またメールの応酬も滞りなく続いたときがチャンスです。

メールが滞りなく続いているときにこそ、ID交換の話を持ちかけましょう。

「ごめんなさい、用事があって当分の間、連絡が取れなそうです。良かったらLINEしませんか」

実際にあなたに用事がなくたって良いのです。用事が、という理由をつけて交換の話を持ち掛けましょう。それまでちゃんとした関係が構築されていれば、きっと教えてもらえるでしょう。

しかし注意していただきたいのが、用事があると伝えてしまった以上は、今後の返信は少し間を空けることが大切ですのでお気をつけください。

ログインという不便さを強調する

出会い系サイトにおいては、女性側はポイントもなく金銭的な負担はありません。しかし男性側にはサイトを介して連絡を取るたびに、ポイントや金銭が加算されていきます。

しかし男女共通で、メールするためにログインの操作をするのは不便です。

「いちいちログインするのはお互いに大変だし、不便だよね。LINEのIDを交換して直接のやり取りに変えませんか」

このような誘い方なら、いちいちログインする手間も省けるので、女性側もOKしてくれる確立が高いです。間違っても、「もうポイントが残っていない」という理由ですと、ケチと思われてしまうので伝えないでくださいね。

あるいはもっとフランクに「サイトは面倒だよね、良かったらLINEでやり取りしようよ」でも良いと思います。

実際に会うことを遠まわしにほのめかす

たとえば何かの話題で盛り上がっているときに、「じゃぁ今度そこに遊びに行こうよ(笑)」と軽い感じで伝えることも出来ます。あくまで冗談ぽく、がポイントです。あまり真面目すぎる文面で送っても、相手が一歩後ずさりして今後影響が出てくる恐れがあるからです。

しかし上記のような軽いノリで送ったとしてもおそらく相手は「そうだね、いつかね」など受け流すと思います。ここに、連絡先交換の話を入れましょう。

「それじゃ、都合が合ったときのために、LINEのIDを交換しませんか」

この文面で、相手との間に適切な距離のままでいられます。あくまでガツガツせず、な文面がポイントです。LINEだとわりと教えてくれる女性が多いですよ。LINEには個人に関するデータがほとんど無いからでしょうね。

けれど、これらの文面をもってしても断られたら、諦めましょう。意地になってグイグイ聞き出そうとしても、逆効果です。

そろそろ良い感じかなと思っていたのに・・・と思っても、おそらくその後、相手からのメールは自然に消滅していきます。なので、連絡先を聞くまでのメールのやり取り、その内容こそが重要です。ただダラダラとメールを送りあうのではなく、しっかりと仲は深めておきましょう。

連絡先の交換を断られる理由

そろそろ良い感じと思って連絡先の交換を打診しても、断られたりスルーされる場合は多々あります。なぜ、NGを出されてしまうのでしょうか。

連絡先の交換をお願いするのが早すぎる

これが多数を占めると言っても過言ではありません。

女性は基本的にガードが固いです。素性もよく知らない、まともに話もしたことがない相手とは連絡先を交換したくない、と思っています。

一番最初のメールでいきなり自分のアドレスを載せて送信する男性もたまにいますが、女性の特性を考えると、それらは無視されて当然といえるでしょう。

前にも述べたとおり、連絡先の交換を切り出すのは、最低でもメールが5~10往復した後です。2、3通ならまだ早すぎますのでお気をつけください。互いの素性や情報をメールで教えあい、しっかりと信頼関係ができてから、連絡先の交換の話を持ちかけましょう。

話が盛り上がらない

そもそも、話していて楽しく思われることが大前提です。つまり、連絡先を交換するためには、それまでの会話で盛り上がるのが必須です。

もっと話したい相手になるためには

女性は、共感を求める生き物です。これが会話を盛り上げるポイントになります。

たとえば女性の友人同士で、誰かが「綺麗ね」と言えば他の女性達も「本当だ、綺麗ね」と共感する。これが女性特有の心理で、自分の話に共感してほしいと思い、同時に他人の話にも共感するのです。この「共感」を常に頭に入れておくと、女性の心を一定以上開かせることが可能です。

この「共感」によって会話が盛り上がって、その話題も落ち着いてきたと思ったら、連絡先の交換を切り出しましょう。盛り上がっている途中で切り出してはいけませんよ。忍耐強く話題に付き合い、そして落ち着くのを待ちましょう。

自分のプロフィールを全く載せていない相手には、その相手がどんな人物であるのか、女性側も確認の仕様がありません。そして同時に、プロフィールが何もないと女性から会話のタネ、ひいては「共感のタネ」を見つけることもできません。

自分の素性や好きなこと、理想の相手像など、自分の情報を載せておきましょう。

そして自分の写真を載せることも大事です。人は見た目、というわけではありませんが、どんな人物であるのかある程度の情報は女性が知りたがっています。外見に自信がなくたって良いのです。

連絡先の交換をOKしてくれる女性は、相手のプロフィールと写真をよく見ているはずですよ。たかが画像、と軽視せずに、ぜひ良く撮れた渾身の1枚を載せることをおすすめします。相手の情報は、少しでも多く知りたいものですからね。

総括

相手の女性から積極的にグイグイ来てくれる日を待っているだけではいけません。慣れた人だと、連絡先の交換の話を持ちかけるまでの会話をパターン化しているプロもいます。

プロになれ、と言っているわけではありませんが、相手と連絡先を交換するまでの手順は、プロでもあなたも上記の流れの通りです。

しっかりと会話を主導し、信頼関係を作ってから話を持ちかけてくださいね。きちんと流れに沿って、相手の気持ちを汲んで、共感して、自分の情報を相手に与えて、着実に仲を深めていったときがベストです。

今すぐにでもサイトの外で付き合いたいという気持ちは分かりますが、「そのとき」を間違えると、会えるものも会えなくなってしまいますよ。真摯に進めていってください。きっと良い結果が待っていることでしょう。

-出会い系アプリの比較

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.