fbpx

明日から実践できる出会いを求める男女のための情報サイト

出会いノート

男好きな女の特徴

恋愛心理学

なぜかモテる男好きな女の特徴と心理

更新日:

俗に言う「男好きな女」は、男性から見れば魅力の塊ですが、実際に付き合うとなると大変です。浮気はバンバンしますし、「あんな女と付き合っているの」と女性からは嫌われます。

最初からわかっていれば回避することもできるかもしれませんが、誘惑されると弱いのが男というもの。

今回は男好きな女の特徴をご紹介しますので、参考にしてみてください。気になる女性が男好きだったら、様々な苦難が待ち構えているかもしれません。

女性の性格を矯正するにしても、どういうものなのかを知っておいて損はないでしょう。

また、女性からすると嫌われがちな男好き女ですが、男にチヤホヤしてもらうためにモテテクニックを常に駆使しているので、今回の記事は女性にとってもある意味勉強になる面があるかもしれませんよ。

男付きな女の共通点・特徴

男性との間のパーソナルスペースが小さい

彼氏と真剣な話をする彼女

男好き女は、気になる男性がいるとすぐに誘惑してきます。その手口は「女」を意識させるというもの。

男性に「女」を意識してもらうために手っ取り早い方法が、接近することです。キャバクラなどに行ったことのある男性ならばイメージしやすいのではないでしょうか。

彼女たちは基本的に男性のすぐ近くに座ります。普通なら少し間を空けて座るものですが、ピタッとくっつかれると男性はドキドキして「女」を感じるのです。

人間は誰でもパーソナルスペースというものがあり、親しくない人間とは距離を取りたがります。しかし、男好き女は男性と密着することに抵抗がありません。くっつくことで男性を誘惑するのです。

具体例を挙げるとすれば、飲み会などで好みの男性の隣をキープし、お酌をしたり、料理を取ってあげたりします。そういう中で、自然とスキンシップの機会を作り出し、男性をドキッとさせるのです。

さりげなく胸を当てたりすると、男性はどうしても意識してしまいますよね。ただ、触るのはほんの一瞬です。

ずっとグイグイ当てていてはただの痴女ですし、引いてしまう男性もいますから、男好き女は絶妙なところを攻めてくるのです(笑)

男と女で態度を変える

男と女で態度を変える女性

人によってある程度態度が変わってしまうのは珍しくありませんが、男好き女の場合、それがかなり露骨に行われます。

そうした態度が女性に嫌われるところなのですが、男性の前ではとても印象がいいので、多くの男性は男好き女が悪く言われることが理解できません。基本的に男好き女は男性の前では演技をしていると考えていいでしょう。

もし気になる子の評判が男性と女性で著しく違っていたら要注意ですよ。

男性へのケアが手厚い

落ち込んでいる男性を慰める女性

男性が弱っている時は男好き女にとってチャンスです。弱さを包み込み、悩みを聞いてあげることで自分という存在をアピールしてきます。

弱っている時に優しくされると、純粋に嬉しいですし、場合によっては魅力に感じますよね。

男好き女のタチが悪いのは、彼女がいても平気でそういうことをしてくるということです。彼女がいない隙きに優しくされたら、コロッとそちらに惚れてしまう男性もいるのではないでしょうか。

「俺が辛い時にいてくれるのはこいつなんだ」とか、勘違いしてしまうのです。

男好き女と浮気してしまう男性の心理としては、こうした母性や癒やしを弱っている時に感じてしまったからなのです。

セックスアピールに長けたファッション

露出が多い服を着る女性

男性は視覚で興奮する生き物ですから、男好き女は普段から男性の視線を意識してファッションをチョイスします。

つまり、男性がどうしても視線をやってしまうような服装です。体のラインがわかるようなピチッとした服、谷間が見えるように開いたシャツ、短いスカートなどです。シースルーの服もよく着られます。

女性のファッションは基本的に「どう見られたいかをあらわしたもの」です。だから、かわいいと思われたければかわいい系の服を着るし、カッコいいと思われたければカッコいい服を着るのです。

男好き女が求めるのは男性へのアピールですから、その結果としてそういうファッションになるのです。

表情は豊か

表情が豊かな女性

無表情な女性に男性は魅力を感じません。したがって、男好き女は自然と表情豊かになります。

男性は気になる女性に喜んでもらおうと色々尽くしますよね。プレゼントをあげたときに、まったく表情が変わらない女性と、パッと明るく表情が変わる女性なら、後者の方が断然魅力的に映るものなのです。

単純に、表情豊かな女性は「かわいい」のです。女性が嬉しい時に笑顔を見せてくれたら、男性も嬉しいのです。寂しそうな顔をしていれば心配してしまうし、スネた表情もチャーミングだと感じてしまいます。

男好き女はそうした表情の使い分けがはっきりとしている傾向があります。だから同性からは「あざとい」と言われてしまうのですね。

男好き女の表情で使い方が特にうまいのは目です。

潤んだ瞳で見つめられたり、上目遣いをしたり、流し目で大人のオンナを演出したり・・・。

「目は口ほどに物を言う」と言いますが、目の表情を効果的に使うことで男性を魅了するのが男好き女の必殺技と言えるでしょう。

社交性がある

社交性がある女性

男好き女は、たくさんの男性と接触を持つために社交性があります。引きこもっていては男性との出会いがありませんからね。

飲み会やパーティーなどは、男性と交流できる絶好の機会ですから、かなり参加率は高いはずです。ある意味で非常に軽いフットワークの持ち主と言えるでしょう。

あまりビクビクしない

積極性と隙がある女性

ビクビクした女性を男性は守りたいと思うものですが、ビクビクしたキャラだと積極的にアピールすることができません。男好き女は能動的ですから、あまりビクビクしないのです。

したがって、あまり人見知りはせず、男性のノリにも対応して騒ぐことができます。男性としても気楽にコミュニケーションができるので、自然と親しみを感じるようになるのです。

男好き女はビクビクしない代わりに、可愛らしい仕草を得意としています。男と同じテンションで話しつつ可愛らしい仕草をして、不意打ちのようにドキッとさせるわけです。

もちろん、女性のキャラによっては可愛らしい仕草よりも色っぽい仕草が有効な場合もあるので、そこは男好き女次第です。

例えば、身長が低い女性なら、チョコチョコと動き小動物的な可愛さをアピールするかもしれません。グラマーなお姉さん系なら、お酒に酔っ払ったふりをして、胸元に風を送るといった色気ムンムンの仕草で悩殺してくるかもしれません。

いずれにせよ、アクティブで気安い風を装い、そこに誘惑を絡めてくるのが男好き女の特徴と言えるでしょう。

おだて上手

男性をほめるのが上手な女性

男性をおだてることが非常に得意です。褒められて嫌な気になる男性はいません。ましておだててくれるのが女性ならばなおさらです。

色々なことで褒められれば、「こいつは俺のことをそんなによく見ているのか」と思うでしょうし、「俺ってそんなに魅力があるのか」と自信を持って口説きにかかってしまうこともあるでしょう。

モテテクニックとして褒めるというのは有効ですが、うまくやらないと「本当にそんなこと思っているの?」とか、「なんか企んでない?」と怪しまれてしまいます。男好き女はそういうバランス感覚にも長けていると言えるでしょう。

自己プロデュースが得意 

男好き女は男性から非常にモテます。それが生きがいになっているからです。

ですが、「モテたい」と思うだけでモテられるほど恋愛は簡単ではありません。そこには努力が必要です。

したがって、男好き女が男好き女として成立しているということは、自己プロデュースに成功しているということが言えます。

男性からの注目を浴びる、つまりモテるためには、そうなるためのテクニックが不可欠なのです。それがこれまで紹介してきた特徴ということが言えます。

承認欲求が強いけど惚れやすい

惚れっぽい女性

男好き女は、ただ男性が好きというだけでなく、好かれるために様々な努力をしています。男に好かれるように研究し、それを実践する度胸もあるのです。

そうすることで得られる報酬は男性からの注目です。男性からチヤホヤしてもらえます。

つまり、男好き女は承認欲求が強いと言えるのです。

承認欲求が満たされるとガードが緩むことも特徴です。隙きが生じるといいますか、ミイラ取りがミイラになるといいますか、男好き女の方が男性に落ちてしまうのです。

お世辞に弱いと言い換えることもできるでしょう。褒められるために努力しているのですから、褒められるのはある意味当然なのですが(笑)

しかし、男性に落とされて付き合うことになったとしても、そこは男好き女ですから、付き合ったら付き合ったで、また別の男性にも目が行ってしまいます。

ですから、気になる女性が男好き女だとわかった男性の方も、落とすのがチョロいからと安易に付き合うのは考え直した方がいいかもしれません。

身体的な傾向

男好きな女の外見的な特徴

男好き女には身体的な傾向が見られます。もちろん、これから書く身体的特徴があるからといって全員が男好きとはなりませんし、当てはまらないのに男好き女な場合もあるでしょう。あくまで参考です。

ひとつは、背が低いということです。

背が低いと男性から可愛がられやすいので、「もっと可愛がってほしい」と考え、男好き女になりやすいのです。

背が低い女性は幼少期からずっと“小さいキャラ”で通っていることが多いですから、可愛がられ慣れています。したがって、これまで書いてきたような男性の注目を浴びるための方法が自然と醸成されているというわけです。

ふたつめは、ぽっちゃり系ということです。

女性の世界では肉が余っていることは悪ですが、男性からすると肉付きのいい方が性的な魅力があります。

ぽっちゃり女性には、体目当ての男性が寄ってくる可能性が高く、「女性の世界で否定される自分が男性には魅力に映る」と喜んでしまい、そのまま男好き女になるわけです。

特に若い男性は胸が大きい女性を好みますし、多少の体型のくずれは無視してしまいます。そういう経験則があるからこそ、セックスアピールに熱心になり、男性の注目を集めようとするんですね。

恋人が一定しない

彼氏がすぐに変わる女性

男好き女は熱しやすく冷めやすいところがあります。男を取っ替え引っ替えしてしまうのです。

女性から別れを切り出して別の男性のもとに行ってしまうこともありますし、男性が浮気性の彼女に我慢ができず別れてしまうこともあります。

しかし、別れたことを引きずらないので、「あれ?この前の彼氏は?」と聞くと「もう別れちゃった」なんて、あっけらかんと答えることも珍しくありません。

したがって、付き合った男性の人数を聞くと非常に多い。そしてその数を誇りにしているフシもあったりするのです。

浮気をする女の特徴
浮気をする女性の特徴とは?性格や行動から浮気性の女を見分ける方法

平気で浮気をしてしまう女性がいます。彼女たちの性格的特徴や外見・行動の傾向、浮気をする時の心理などをまとめてみました。 こうした特徴を予め知っておくことで、付き合う前に「この子は大丈夫かな?」と考える ...

同性の友人があまりいない

何度か指摘したように、男好き女は同性から嫌われます。また、常に彼氏がいるので同性の友人との時間もあまり多く取れません。

したがって、男好き女には同性の友人が少ないのです。

女友達が少ないので、女性との交流が下手です(男性とだったら得意なのですが)。交流が下手なので友達を新たに作ることができません(男性なら簡単にできるのですが)。

したがっていつまで経っても女性の友達は増えず、男性ばかりに偏ってしまうというわけです。

現在はSNSが発達していますから、学生時代は友人の数が手に取るようにわかってしまいます。同性の友達が少ない女性が、友達がいないことをコンプレックスにして彼氏づくりに専念してしまうというのは、自然な流れなのかもしれません。

男好き女だから女友達が少ないのか、女友達が少ないから男好き女になったのか、それはケース・バイ・ケースですが、どちらにせよ、現時点で女友達が少ないことに変わりはありません。

自然と男性を勘違いさせてしまう

男性を勘違いさせる女性

男好き女は、ターゲットの男性を狙うために様々なアプローチをしますが、その仕草が別の男性を魅了してしまうことも多いです。

男性経験も豊富ですから、ついいつもの調子で男性とコミュニケーションをすると、男性はドキッとしてしまうのです。

男好き女からすると狙っていないわけですから、魅了された男性は勘違いをしてしまっている状態です。このケースが非常に多い。

ですから男好き女はよく告白される傾向があります。そして男好きですから、結構気軽にOKしてしまうこともあるのです。

ただし、本当に好みでない場合はバッサリと切られてしまいますから、男好き女だからといってすぐに告白して落とそうとは思わない方がいいでしょう。

裏の顔を持っている

裏の顔を持つ女性

男好き女は同性から嫌われる傾向がありますが、男性からはモテますので、どうしても嫉妬の対象になります。

妬みは暗い感情ですから、なかなかヘビーな体験もしていることでしょう。人によってはひどいいじめを受けているケースもあります。だからこそ男性に頼って身を守ろうとしたのかもしれません。

ただ、男性がいない時は守ってくれる人がいません。男性に見せる魅力的な顔を表の顔とするならば、嫉妬に狂った女性の前で見せるのは裏の顔です。そういう二面性があるのです。

また、男性のなかには男好き女の誘惑に屈しない人もいるでしょう。そういう場合、男好き女は「なんで自分を選ばないのか」と、男性に対して負の感情を持つことがあります。

男性が好きだからこそ、自分のものにならなかった時はその感情がそのまま負の感情になってしまう可能性があるのです。

そういう怖い一面も男好き女は秘めているんですね。

美人とは限らない

ちょうどいい顔の女

男好き女はモテるので全員ある程度美人かと思いきや、意外とそうでもないケースが多く見られます。

なぜかというと、美人すぎると男性は尻込みするからです。完璧でない方が、どこかお遊び感覚で遊べるというわけです。

むしろ美人過ぎないからこそモテるという面もあると言えます。言い方は悪いですが「手頃」なのです。手頃なので、男性も安心して告白していけます。

男好き女はどんどん告白が来るので、男性経験を積むことができ、さらにモテテクニックに磨きをかけていける。そんな正(性)のスパイラルによって男好き女の男好きライフは支えられているのかもしれません。

確信犯的なメンヘラ

顔が可愛いメンヘラ女

メンヘラというのは色々な種類がありますが、ここで言うのは「極度な構ってちゃん」くらいの意味です。

ある意味病的に愛してくれるので、男性としては少し興味がある方もいるのではないでしょうか。そういう男性の興味をしっかりキャッチして、メンヘラ風味を装うことができる男好き女もいます。

メールやLINEで「会いたいよぉ」と何度も送って来たら、かわいいと思ってしまう男性は多いでしょう。「どうしたの!?」とすぐに反応する男性もいれば、とにかく会いに行ってしまう男性もいるでしょう。まさに思う壺です。

「なんで返事してくれないの!」とか「他の女と話さないで!」といった過激なところまでは行かないのが男好き女のうまいところ、そこまで求めると男性が引いてしまうことをちゃんと理解しているのです。

適度な束縛は愛情の裏返しと考えてもらえますが、過激だと息苦しいだけで逃げられてしまいますからね。

メンヘラという旬なステータスも使いこなせるのが男好き女の応用力なのです。

顔が可愛いメンヘラ女
メンヘラ女の特徴とは?性格や行動、外見からメンヘラを見抜く方法

いわゆる「メンヘラ」ということばは、かなり一般的になってきています。しかし「メンヘラ」には色々なパターンがあり、程度の差も人それぞれです。 あなたの周囲にも、ちょっと見た感じでは普通の女性なのに、実は ...

まとめ

男好き女は外見や性格、仕草を男好みにカスタマイズすることができるので、多くの男性は魅力を感じます。理想的な女性だと感じる男性もいるかもしれません。

しかし、それらは男性にモテるため、チヤホヤしてもらうためのものであり、特定の男性に尽くすためではないというのがポイントです。

多くの男性を一度に魅了するため、男好き女にとっては男なんてよりどりみどりです。したがって平気で浮気をしますし、別れてもダメージがあまりありません。

男好き女と付き合いたいという男性は、お遊びと割り切ってしまう方がいいかもしれませんね。本気になればなるほど裏切られた時に傷つきますし、またその可能性は非常に高いのですから。

-恋愛心理学

Copyright© 出会いノート , 2018 All Rights Reserved.