マッチングアプリの複数登録

出会い系アプリの比較

マッチングアプリの併用ってどうなの?複数登録するメリットとデメリット

投稿日:

異性と出会う手段として欠かせないのが恋活アプリ。恋人と別れた直後に登録し、すぐに新しい恋人を作ってしまう人もいるそうです。

しかし、相性や出会うタイミングもありますから、うまくいかないことももちろんあります。

そんな時に有効なのが恋活アプリの併用利用です!今回は恋人を作る確率を上げるためにどの恋活アプリを利用すべきかご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

マッチングアプリを複数登録するメリット

出会いが増える

まtrチングアプリの併用で出会いが増える単純計算になりますが、恋活アプリを1つ利用するよりも、2つ利用したほうが出会いの数が増えます。1つのアプリで平均1か月に3人の異性に出会うことができるといわれているため、2つ利用すれば月6人、3つ利用すれば月9人の異性と出会うことが可能です。

しかし、これはあくまでも平均的な数値ですから、あなたのスペックや工夫の仕方次第でより多くの異性と出会うことができるかもしれません。

従来の合コンや婚活パーティーなどのリアルイベントで出会うとなれば時間やお金が膨大にかかりますし、良い人に出会えるかどうかも実際に行ってみないとわからないですよね。

そうなると、恋活アプリの併用利用がいかに効率的でコストパフォーマンスが良いかがわかるのではないでしょうか。

様々なタイプの異性と出会うことができる

様々なタイプの異性恋活アプリはそれぞれ特徴やサービス内容が異なり、狙っているターゲット層も違います。そのため、登録している会員の特徴にも差が生まれてくるのです。

例えば「Tinder」や「タップル誕生」などは若年層の会員が多く、結婚を視野に入れたお付き合いというよりは恋人関係、友人関係を求めている人が多い傾向にあります。

一方で、世界25か国で利用されている「match.com(マッチドットコム)」では、海外の形マッチングすることができますし、結婚を視野に入れたユーザーが多い傾向にあります。

ここまではっきりとユーザーの傾向が分かれることは珍しいですが、複数の恋活アプリに登録することで「様々な異性とバランスよく出会うことができる」ということが2つ目のメリットと言えるのではないでしょうか。

経験が増え、異性に対して余裕が生まれる

マッチングアプリの複数登録で恋愛において余裕ができる恋愛をし、結婚をする上で一人の異性を愛しぬくことが必要になりますが、こちらが経験不足であった場合、相手を満足させてあげられないといった苦い思いをすることになるかもしれません。

また相手が満足をしていたとしても、相手の動向がいちいち気になってしまい、束縛や嫉妬をしてしまう可能性も否めません。そうなると恋愛を継続させるのは難しいですよね。

恋愛下手にならないためにも、異性に対して余裕を持つことが大切です。恋活アプリでは多くの異性とマッチングすることができますから、やり取りをする中で「こういったメッセージは嫌がられるのか」「こういうことを言うと喜ばれるんだな」といった傾向を客観的に分析しましょう。

最初はメッセージが返ってこなくなってしまい落ち込むこともあるかと思いますが、別の候補をまた探すことが容易なため、前向きに恋活へ打ち込むことができます。異性に対して余裕が生まれることで、本当にお付き合いしたい異性が現れたときに対策を練ることも可能ですよ。

マッチングアプリを複数登録するデメリット

相手に不信感を与えやすい

恋愛で異性を不審がる女性連絡を取り合っている相手に恋活アプリを併用していることが知られてしまった場合「真面目に出会いを探そうとしていないのかな?」と軽く見られてしまう可能性があります。

しかし、よほどのことがない限り見つかってしまうことはありませんし、見つかったときは相手も併用して利用していることが多いです。

恋愛にアクティブであるという証拠にもなりますし、相手に疑われるようであれば実際にお付き合いをした際に削除をすればよいだけです。そこまで大きいデメリットになることはないでしょう。

費用がかさんでしまう

マッチングアプリの併用でお金がかかる1つの恋活アプリで出会う可能性を考えると、やはり費用がかさんでしまうのが難点です。リアルイベントのように一極集中型ではないため、なかなかマッチングしないまま数か月利用することを考えるとあまり得策とは言えないかもしれません。

しかし、先ほども述べたように従来の合コンや婚活パーティーの費用や時間を考えると、やはり出会いの多さでは優れているといってよいのではないでしょうか。

リアルイベントの場合は友人の付き添いで来たといった具合で出会いに真剣ではない人も多くいますが、恋活アプリでは異性との出会いを求めている人が多く登録しています。その点を踏まえても、恋活アプリの併用は必要な費用を投資していると考えるべきかもしれません。

複数登録するのにおすすめのマッチングアプリの組み合わせ

低コスト重視で出会いたいなら「youbride&Pairs」

pairsなるべく無料で出会いたいという方にオススメなのが、こちらの組み合わせです。基本的に男性が無料で利用できる恋活アプリはないのですが、「youbride」であれば男性でも無料で一部メッセージ交換をすることができます。

また、「Pairs」は累計会員数600万人を突破している人気恋活アプリですから、登録しておくと良いと思います。女性の場合ですとほぼすべての機能を無料で使うことができるため、非常にコストパフォーマンスも良いです。

ユーブライド
ユーブライドの評判はどう?実際使って辛口評価

ここでは、老舗中の老舗である「youbride(ユーブライド)」について紹介していきます。ユーブライドは、元はライブドア、現在はMIXIが買収して(株)Diverseが運営している、累計会員数が100 ...

続きを見る

pairs
ペアーズ(pairs)は出会える?気になる評判・デメリットまとめ

現在、最も盛り上がっているとされる婚活や恋活をしている方々に向けたアプリをご存知でしょうか? それは、pairsと呼ばれる、Facebookと連携したアプリなのですが、驚くことに誕生4年ほどで会員数が ...

続きを見る

本気で出会いを探したいなら「youbride&ゼクシィ縁結び」

ゼクシィ縁結び「恋人ではなく、結婚を前提にお付き合いできる人を探したい!」という場合には、より婚活ユーザーのおおいアプリを選びましょう。

youbride」は、20代後半以上の結婚を視野に入れているユーザーが多い印象です。公式サイトから、実際にサイトを通じて結婚した会員のレポートを見ることもできますから、登録の際に見てみると、モチベーションが上がるかもしれません。

その他に、ブライダル情報誌でおなじみのゼクシィが運営する「ゼクシィ縁結び」もオススメです。大体のユーザーが婚活を視野に入れているため、マッチングしてから結婚への話が進みやすいのがメリットと言えます。

ユーブライド
ユーブライドの評判はどう?実際使って辛口評価

ここでは、老舗中の老舗である「youbride(ユーブライド)」について紹介していきます。ユーブライドは、元はライブドア、現在はMIXIが買収して(株)Diverseが運営している、累計会員数が100 ...

続きを見る

ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結びの評判はどう?実際使って辛口評価

ゼクシィ縁結びを使ってみたいけど、どこか疑いの心を持ってしまい、利用することに踏み切れない方もいらっしゃることでしょう。 今回はそのような方々に向けて、ゼクシィ縁結びを利用することのメリットやデメリッ ...

続きを見る

マッチングアプリを併用する際の注意点

無料で利用できる機能を把握しておく

マッチングアプリで無料で使える機能を調べるアプリによって無料会員で利用できる機能には差があります。

たとえば、「Pairs」では女性は無料でほぼすべての機能を利用することができますが、男性はプロフィール検索やマッチングはできるものの、メッセージのやり取りには有料会員の登録が必要になります。

しかし、「youbride」であれば男女問わず有料会員からのメッセージへの返信であれば無料で行うことが可能です。

このように無料で交際に発展できる恋活アプリもありますが、多くのアプリが有料会員にならないとマッチングすることが難しいようです。

登録は基本無料ですから、登録の際に無料でできる機能を確認しておくと良いでしょう。

アプリ間でユーザー層が被っていないか確認する

特に「omiai」と「Pairs」に当てはまりますが、Facebookと連携するタイプの恋活アプリには会員層の被りが発生してしまいます。

これは、Facebookのアカウントを所有している人しか利用することができませんし、量アプリともFacebook内で広告宣伝を行っているため仕方がありません。また、どちらとも会員数が多いアプリですから、併用しても損することはないでしょう。

もちろん、若年層をターゲットに集中して相手を探したい場合であれば、会員層が似ているアプリを併用するのは一つの方法と言えます。

しかし、様々な年代にこだわりがなく様々な人とマッチングしたいというのであれば、併用する前にユーザー層を調べる必要がありそうです。大体

公式サイトに年代別の登録ユーザー数が掲載されているため、登録前に確認するとよいのではないでしょうか。

理想のタイプがブレないようにする

恋活を続けていると自分のタイプが定まらないことが増えてきます。登録しているユーザーが多いですから、自分のタイプをしっかりと定めていないと現実的でない条件で相手を探してしまいマッチングできないといったマンネリに陥ってしまうのです。

マッチングがなかなかうまくいかないと精神病になってしまうこともあるそうですので注意してくださいね。

改善策としては、定期的に恋活アプリから離れ、どのような人と自分は付き合いたいのか見直す期間を設けることが望ましいでしょう。

具体的にはどのような恋愛がしたいのか、譲れない条件や妥協できる点などを明確にし、時には外に出て巷のカップルを眺めに行くのも良いかもしれません。

それでも不安な方は自分の理想の相手や恋愛傾向を無料で診断してくれるサービスもありますので、そういったものを利用してみるのも一つの手ですよ。

連絡先の交換は2~3人を同時進行で

慣れるまでは1~2人とアプローチをしていき、慣れてからは5~10人と人数を増やしていきましょう。

マッチングが成立しても全員とメッセージをやり取りする関係になれるとは限らないため、そろそろ多くなってきたな、と感じたところでアプローチをいったんストップします。

生活の合間にメッセージを返すことになりますから、メール交換の相手を増やしすぎると対応に時間がかかってしまい疲弊してしまいます。2~3人を目安に適切な感覚でメッセージを返信するようにしましょう。

デートは1~2人までなら同時進行OK

メッセージを重ねていく中で実際にデートをするという話が持ち上がります。デートの場合は費用や日程を詳しく決めなければなりませんから、5~6人を同時並行するのはかなり難しいです。もちろん、会おうと思えば会えるのですが、体力的にもオススメしません。

コンスタントに出会いたい方でも同じ週に1~2人とデートして、どっちの方がより好みであったか見極める、といった具合で選定していくのが良いと思われます。

まとめ

参考になりましたでしょうか。実際に併用するまでは勇気がいるかと思いますが、体感してもらえればコストパフォーマンスがどれだけ良いかわかるかと思います。

恋活アプリを併用して、素敵な出会いを手に入れましょう!

-出会い系アプリの比較

Copyright© 出会いノート , 2018 AllRights Reserved.