友達作り

飲み友達がほしい!そんな人のための飲み友達の作り方

投稿日:

お酒を飲むことが好きなのに、友人は皆お酒が苦手で結局いつも独りで飲んでいる・・・。

いつでもお酒に誘える友人が欲しい・・・。そんな友人はどのようにすればできるのだろうか?

誰もが一度は、そんなふうに考えたことがあると思います。誰かと共に飲むお酒は格別ですものね。

しかし社会に出てしまうと、行動範囲も限られてきて、新たにできる友人もなかなか増えません。職場によっては、周囲が同性ばかりで出逢う機会そのものが無い人も多いはずです。

そんな貴方に、気軽に誘える異性の友人はどうすれば出来るのかを順を追ってご説明します。

飲み友達の作り方

お酒を提供するお店(居酒屋・バーなど)で親密になる方法

お酒が好きなのであれば、やはりお酒に関わるお店で異性を見つけられればそれがベストですよね。

それには、独りで席に座っている異性に声をかけるのはいかがでしょうか。独りで来ているということは、やはり相手も同じように飲み友達を探している可能性が高いからです。

あなた自身が人見知りタイプだと、少し勇気が要るかもしれません。また相手も同じように人見知りだったとしたらなかなか会話の継続が難しいかもしれないという懸念もあります。

あるいは、お相手がもともと独りで飲むのが好きな性格で、誰かと会話すること自体を好まない可能性もあります。そうしたら、せっかくの勇気も台無しです。

イベントへの参加(合コンや街コンなど)

最近では、街コンという言葉も広く浸透してきました。従来の合コンも、未だに出逢いの場として主流です。

それらのイベント系には多くの男女が参加するため、出逢いの確立は高いです。しかし強引な男性も多く、女性としては少し引き気味になり、結果として、出逢えたとしても長続きしにくいのが特徴です。

インターネット

インターネットが普及している現代、お酒を共にする友人はインターネットでサクッと探すことができます。インターネットで出逢って恋人関係になったり結婚したりするカップルだって珍しくありません。

あなたにも、インターネット上での友人がいるはずです。実際に会ったことはないけど、お互いのことはインターネット上でよく知っており、メッセージのやり取りもしていて、気も合う。でも、会ったことはない。それが今の時代、普通のことなんです。

インターネットでお酒の相手を探しても何もおかしくありません。

実際にインターネット上で知り合って、お酒を一緒に飲む仲になった、なんて話はよく聞きます。彼らは毎週のように仕事後に集まり、飲み会を開いて楽しく過ごしています。これが今は時代の流れで、当然のように普通のことなんです。

あなたもインターネットからお酒の相手を探して、ぜひ充実した週末を過ごしてはいかがですか。

インターネットでお酒の相手を探すときにおすすめする方法

インターネットで具体的にはどのように探せば良いのか、疑問に思っているかたもいると思います。実は、様々なアプリがあるんです。

お酒の相手を探す目的の、募集専用アプリです。非常に目的が明確なので、出会い系のアプリよりも効率が良く探すことができます。

なんといっても、そのアプリの種類は続々と増えていっていることが驚きです。いろんな人が同じようにお酒の相手を探していて、そのツールとしてインターネットのアプリを活用しているんですね。

独りでお酒を楽しむことの良さもありますが、お酒が好きなのであれば、誰かとおしゃべりしながら飲みたかったり、大人数でわいわいとするのだって楽しいはずです。

では、様々な飲み友達募集のアプリがある中で、ただ1つを選ぶにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

  • 本当に出逢えるのか
  • 登録人数が少なくないか
  • 安心できる健全なサイトなのか

友達募集としてせっかく登録しても、そもそもの全体の登録人数が少なければ出逢える確立はそれだけ下がってしまいます。

そして何よりも健全なサイトで誰もが安心して使用できることが大前提です。フォローやサポートの体制がきちんと整っているサイトを選ぶことが重要になります。

PCMAX

PCMAX

10年以上の実績を持つ「PCMAX(ピーシーマックス)」では、

  • メール友達
  • オフ会友達
  • ゲーム友達
  • 趣味を通じた友達
  • 一緒にご飯に行く友達(ランチ友達、飲み友達)

のように、様々な目的別で友達を作るのに最適な掲示板が多く作成されています。

PCMAXは、登録している会員数が、他のサイトよりも郡を抜いて高く、掲示板への書き込みや交流も盛んなサイトです。

地域を指定できるので、近くの地域を指定して友達を探すことができるのも、このようなコミュニティサイトの特徴です。自分の希望した条件にマッチした相手がたくさんヒットします。

気になる相手に自分からメッセージを送るのも悪くありませんが、積極的に自ら掲示板で募集の書き込みをすると、希望条件に合う相手を見つけやすいですよ。

PCMAX
PCMAXは本当に出会えるのか?評判からデメリットまで徹底解説

出会い系サイトの利用経験者ならPCMAXと呼ばれるサイトを初めて聞いたという方はいらっしゃらないかと思います。 現在は出会い系を取り扱う会社の多くがアプリを中心として業務を行っているわけですが、出会い ...

続きを見る

LINEやSNSはやめておいたほうがいい

今の世の中、異性の友人を作る方法なんてごまんとあります。しかし、コミュニティサイトは必ずしもメリットだけではありません。

LINE(ライン)には掲示板の機能がないので、ただのコミュニケーションしか取れません。しかも投稿が他の友人にも見られてしまう可能性もあり、友人を作る手段としてはおすすめできません。LNEは、親密になった「後」に使うツールなのです。

またTwitterやFacebookは、出会いを目的として作成されたものではありません。ですので、飲み友達を探してやたらにメッセージをあちこち送ると、アカウント自体が停止されてしまうこともあるので注意が必要です。

飲み友達がいない本当の理由

社会に出て働くようになると、昔から付き合いのあった同性の友人は皆、結婚したり、出産したり、昇格などをして昔のように親密な付き合いができなくなってしまいます。

それに学生の頃は、自分から出会いを探さなくても、クラスの半分はほぼ異性でしたし苦労しなくても自然と気が合う友達は増えていったのです。

けれど社会に出るとそうもいかなくなります。異性と出会う機会も、同性と仲良くなることさえも難しくなります。それなのに、あなた自身も何かと理由を探して、結局何も行動に移せずに今に至るのではないでしょうか。

それであるにも関わらず「出会いがない」と嘆いているのはなんともおかしなことではないでしょうか。「出会いがない、出会いがほしい」と思っているにも関わらず、実はそれほど深く考えていないのではないでしょうか。

なぜなら、例えば結婚をゴールとするならば、そのゴールへ向けて、合コンなどのイベントに参加したり、友人に異性の紹介を頼む、インターネットを利用して出会いの場を広げようとする、など様々な手段があります。

そんな様々な選択肢があるにも関わらず、結局嘆くばかりでは何も変わりませんよね。

まだまだ人生は長いです。気軽に誘える女性の友人がいれば、お酒だってもっと美味しく飲めますし、人生そのものが楽しくなります。まずは、本気で友人が欲しいのであれば、何かしら行動を起こす必要があります。

まとめ

「一緒にお酒を飲める友人が欲しい」と思っていても、社会に出れば必然的に出逢いも減少するため、本当に友人が欲しいのであれば、行動を起こす必要があります。受け身のままでは現状のままになってしまいます。

お酒の相手として女性が欲しい、という希望であるなら特に、女性には警戒心が宿ってしまいます。何か下心があるのではないか、と身構えてしまうのです。

ですので、「純粋にお酒が好きで、純粋にお酒を一緒に飲める友人を求めている」女性といかに出会うことができるか、ということに尽きます。

-友達作り

Copyright© 出会いノート , 2018 AllRights Reserved.