彼氏

好きな人ができない理由とは?好きな人の作り方も紹介

更新日:

恋愛をしたいけれど、そもそも気になる相手さえいない・・・周りはリア充で幸せそうな人たちばかりなのに、なぜ自分だけ?どこに行けば好きな人ができるの?なんで自分だけ恋ができないの?そういった悩みを抱えている人は少なくありません。原因と対策を一緒に探っていきましょう。

なぜ好きな人ができないのか?

「どこかにいい人いないかなぁ」とボヤいていても、突然目の前に好きな人など現れませんよね。なぜ好きな人ができないのか、好きな人を作るためにはどうしたら良いのか。あなたが今居る位置から考えていきましょう。

そもそも異性との接点が少ない環境である

学校では、クラスメイトの約半分が異性でした。必死にならなくても、自然に「出会い」が当然の環境だったのです。しかし社会人になるとどうでしょう。同性のみで構成されている職場、というのはよくあります。

もしあなたもそんな環境にいたのなら、そもそも出会い自体がないのは当然ですよね。さらに、女子だけの環境で育った人も同じです。学校は女子高で、兄弟もお姉ちゃんと妹・・・。これでは、異性というものがどんなものか分からないのも当然です。

そしてそういった人は、異性との普段の接点が少ない分、いざ異性と接する機会ができたときに、ドギマギしてどう対応して良いのか分からずパニックになりがちです。異性といえど、同じ人間です。冷静な状態で話をすれば、きっと話も合って、楽しい時間を過ごせるかもしれないのです。

恋をしたいのなら、好きな人が欲しいのなら、まずは一歩踏み出す必要があります。まずは気軽な気持ちで異性に挨拶をするところから始めてみてはどうでしょうか。自分の人脈が広がると、新しい出会いや新しい世界が広がるであろうことは間違いありません。

必要以上にこだわる

やはり相手はイケメン・美女に限る。できれば高身長でモデルのような風貌の人が良い・・・。確かに、人それぞれ好みの種類も数も違います。しかしその好みにあまりにこだわりすぎても、出会いを逃している原因になっています。

二次元のゲームの中の女の子や、アイドルの追っかけをしていた人たちによく見受けられます。自分の中での「理想の異性のイメージ」がある程度出来上がってしまっているため、そこから少しでも外れた部分を目にしてしまうと「やっぱり違うなぁ」とすぐ恋愛対象から外してしまうのです。ぜひ、選択肢は多く持っていてください。過度なこだわりや固執は、チャンスを逃してしまいますよ。

ロマンスを必要以上に求めている

何事も程々が一番です。出会いはまさに白馬の王子様のような運命的なものがいい!誕生日にはサプライズで1週間くらいの海外旅行をプレゼントしてほしいし、プロポーズは高級ホテルを貸し切ってフレンチディナーを食べながらサプライズで指輪!

・・・女性なら誰しも一度は憧れた「王子様」ですが、現実にそんな男性はいないと思って良いでしょう。いつまでも理想をひきずりすぎて婚期を逃している女性たちが多くいるのが現状です。しかし本当の現実はどうでしょうか。そんな白馬の王子様が迎えに来てくれた女性はいないと断言して良いでしょう。

たまたま職場や学校が同じで知り合ったり、合コンの参加者とくっついた・・・そんな話ばかりです。本当の「出会い」は、あなたの身近に存在しているのです。

しかしそれに「気付こう」としなければ、出会いのチャンスはあなたの真横を通り過ぎて行っているのです。出会い系サイトでの出会いや、街角でのナンパからの交際に未だに眉をひそめる人は確かにいますが、お互いが真剣に交際をしているのであれば、それはそれで全く問題が無いのです。

出会いのシチュエーションも手段も関係ないのです。お互いがお互いを大切にしてさえいれば。ぜひ、柔軟な考えで、あなたの真横を今にも通り過ぎようとしているチャンスをゲットしましょう。

自分に対して非常に厳しい

自分のプライドが高すぎたり、変に見栄や意地が先行してしまうと、あるハードルを越えられなかった場合に「どうせ自分なんて」と悲観してしまいがちです。自分に自信が持てない人は、その足りない部分を埋めてくれる男性を探すようになります。

具体的には、包容力があって理解力もあり、「そのままの君がいい」と心を満たしてくれるような男性を求めることでしょう。

しかしそれでは、相手に求める条件が高すぎます。相手に求めることが多すぎるので、それに該当する男性を見つけるまで延々と探し続けるのです。好きな人ができない原因は、実はそこにあることも多々です。

そのままのあなたを、あなた自身がまるごと受け入れましょう。そうすると男性の選択肢の幅も広がってくることに気付くはずです。自分で自分を認められれば、他人の長所にもよく気がつくようになります。

もし、男性に対して求めるものが高いかも、と思い当たるフシがあったら、ぜひ一度、自分への厳しさを見直してみると良いでしょう。

自分に自信が持てない

上記の項目と類似していますが、あまりに自分に自信がないと、恋愛に直に影響を及ぼしてきます。「こんな自分が誰かを好きになったところで、相手が振り向いてくれるはずがない」と、無意識のうちに最初から恋愛感情にならないようセーブをかけてしまうのです。

あるいは過去の恋愛で大きく傷ついたトラウマで次の恋が怖くなったり、そもそも恋愛経験そのものが少ない男性は、恋へと踏み出すことさえ最初からやめてしまうのです。

しかしそれは男性に限ったことではありません。女性にだって、「所詮私なんて・・・」と自分を低く見てしまう女性はたくさんいます。

自分に自信が持てない男性は、同じように自分に自信が持てない女性を狙ってみると、相乗効果で良い相性となることが多くあります。そして「所詮私なんて・・・」と卑下している女性には、彼女として、あるいは女性として大事にしている姿勢を見せるよう意識すると「私にはこの人しかいない」と、相手もあなたを深く愛してくれるでしょう。

仕事で多忙を極めている

仕事ができる男性は甲斐性アリ。そういった説を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。確かに、仕事ができるということは、責任ある仕事任されているというわけで、それは一種のステータスになります。しかしあまりに仕事に入れ込みすぎても考え物です。残業や休日出勤が多く、自分の趣味や遊びに費やせる時間もない・・・そうなったら要注意です。心にゆとりが持てなくなってパンクする日はそう遠くないでしょう。

もし、恋愛を含めて、プライベートも充実させたいのであれば、転職もひとつの手段です。転職とまではいかなくても、上司に勤務について相談を持ちかけてみるのも良いかもしれません。人生を仕事のみで終わらせてしまうなんて、勿体無いですよ。

過去の傷心で踏み出せない

過去に恋愛で大きく傷ついた経験がある・・・誰もが人生のうちに1度は経験するものです。確かに、以前のことでトラウマになると、新しいことを始めようとしてもその経験が邪魔をして「できない、怖い、また同じことになりたくない」と思ってしまいますよね。

ですが、ちょっと待ってください。あなたに辛い経験をさせた人は、あなたの目の前からもう居ないはずです。相手が違えば、経過も違い、結果も違います。「それはそれ、これはこれ」と吹っ切って、新しい相手に飛び込んでいく勇気を取り戻してください。

そもそも出会える環境ではない

職場が同性ばかり、というのはよく聞く話です。学生時代と違って、社会人になると出会える環境が限定されてしまいます。そしてそのような場合には、自分から出会いを探して動く必要があるのです。

合コンに参加するも良し、あるいは婚活パーティーで多くの異性を知るも良し。結婚相談所なんかに登録しても良いかもしれません。自分の足で、出会える環境へ赴かなければ、出会いは勝手にやってきてはくれないのです。

好きな人ってどうやればできるの?

リア充の友人に話を聞く

好きな人がいる、彼氏がいる、結婚している・・・そんな友人と恋バナをしてみましょう。もしその友人が恋愛において幸せな状態であれば、様々な話を聞けるでしょう。

その中には、「このイベントに参加したから出会えた」「付き合うきっかけは○○だった」など、とても参考になる情報が多く含まれているでしょう。それらの情報を基にして、あなたはこれからどう行動すべきか考えれば良いのです。なにせ友人の実体験に裏付けられていますから、信用性もあるし安心ですものね。

全ての異性に愛想を振りまく

「いや、この人はナイな・・・」そう思った瞬間、相手に対してつれない態度になりがちなのが女性という生き物です。しかしちょっと待ってください。

その男性の人脈から、新鮮な出会いへと繫がるかもしれませんし、あるいはその男性自身もよく話してみれば「外見はダメだけど、意外にいい人」と見直すときが来るかもしれません。最初からズバッと切り捨てて冷淡な態度でそっけなくせずに、表面上であってもどんな男性にも仲良く接することは大事なのです。

焦り過ぎない

女性には、酷な話ですが賞味期限があります。無事に子供を産むことができる可能性は、年齢が上がるにつれてどんどん下がっているのです。

なので女性側も「できるだけ早く結婚!」、男性側も「できるだけ若い女性を!」とお互いに焦っています。しかし結婚前提の付き合いを最初から見据えていると、相手に対しての一挙一動がどうしても重くなりがちです。もちろん本人は無意識で、相手にとっては「なんか重いなこの人・・・」と結局倦厭の対象になってしまうのです。

重さから脱却するためには、「結婚」は二の次にして「とりあえず付き合おっかな」くらいの軽さが適切なのです。

出会いがない・・・出会いを増やす手段は?

マッチングアプリ

出会い系サイトとは一線を画す、マッチングアプリ。Pairsなどが有名ですが、マッチングアプリは現在多くのユーザーがいます。出会い系サイトのようにサクラや業者が紛れていないので、安全に利用できるのが大きなメリットで、現在も拡大を続けています。

また婚活アプリも存在します。SNSなどを介して登録するので、相手の素性も最初からある程度分かるので安全だと人気を呼んでいます。多忙でなかなか出会い探しや婚活に対しての時間が割けない人でも、少しの隙間時間に手軽に活動できるという便利さがありがたいですよね。

恋活マッチングアプリ
安心して出会える恋活マッチングアプリの比較ランキング

マッチングアプリ、という単語を聞いたことがある人も多いと思います。 マッチングアプリとは、男女がインターネット上で出会えるアプリの総称です。健全な異性が登録しているので、従来の出会い系サイトとは一線を ...

続きを見る

友人に紹介してもらう

友人関係にある異性や同性、あるいは職場の気の合う同僚などに相談してみるのもアリでしょう。「誰か良い人いない?紹介して欲しいなぁ」と相談すれば、「私の友人も、今彼女探しているんだよね。紹介しようか?」と仲介してくれる可能性があります。

今まで培った全ての人脈を活用してみましょう。きっと新たな出会いに繫がるはずです。

婚活パーティー

婚活パーティーは出会い系サイトなどと違い、最初から相手に「会っている」状態です。なので、相手のある程度の雰囲気やスペックなどが最初から分かるので、相手が効率的に探せるといえます。

また「医師限定」「公務員限定」「30代男女限定」など、多くの限定イベントも主催されているので、そういったものに参加すればさらにあなたの希望にマッチした相手が探しやすくなります。進行的には簡単で、1対1での全員での会話、フリータイムを経て、スタッフを介して相手に告白する、といったものです。

どれも気軽に参加できるのでぜひ一度足を運んでみてください。

婚活パーティー
おすすめはどれ?婚活パーティーを徹底比較

インターネットで婚活をする人が増えてきました。それ以外にも街コンや婚活バー、お見合いパーティーなどでお相手を探す人もたくさんいますね。一昔前よりも出会いのチャンスはグッと多くなってきたようで、職業や年 ...

続きを見る

街コン

街コン、という言葉をニュースでたまに耳にしたりします。街全体が合コン会場なため、必然的に男女共に参加者が多くなり、男女別の参加者がそれぞれ100名を越えるものも珍しくありません。

一度に多くの異性を知ることができるので、効率的に相手を探したいかたにはおすすめです。気になる異性に出会ったら、すぐに連絡先の交換を打診しましょう。

参加者全員が出会いを求めているので、誰に対しても話しかけやすいという大きなメリットがあります。ぜひそのメリットを活用してみてください。

まとめ

恋をしたいのなら、待っていても始まりません。ぜひ積極的に行動してみてください。見逃しているだけで気付いていない素敵なご縁もあるかもしれませんよ。

-彼氏

Copyright© 出会いノート , 2018 AllRights Reserved.