with

出会い系アプリの比較

マッチングアプリ「with」の評判は?使って辛口評価

更新日:

with(ウィズ)」は2015年9月に運営を開始したフェイスブックを利用した恋愛・婚活マッチングアプリです。

最近できたばかりですが、使用感も良いですし、心理学や統計学の観点からマッチングを行ってくれるので好みの異性に出会えると話題です。

数々の著書も出しているパフォーマーの「メンタリストDaiGo」さんが監修しているので、心理分析のコラムなどを読むだけでも充分楽しく、占いもあるので若い世代の女性に好まれています。メンタリズムを応用した性格診断がとても面白いです。

withのメリット

性格診断イベントがある

性格を診断するグラフ「性格診断イベント」がウリですが、これは、相手との共通点を数字で表して、共通項が多い異性を見つけやすくなるという仕組みです。「恋愛メンタリズム:100%一致イベント」と称して、自分と100%同じ選択をした人を見ることができるのが面白いですね。

パッと見ただけで相手の趣味や共通点が分かるようになっているのですが、心理テストを受けるような感じで登録するので、気軽に楽しみながらできるのもポイント。

同じフェイスブックを利用した「pairs(ペアーズ)」や「Omiai(オミアイ)」などのマッチングアプリと比較すると、メンタリストDaiGoさん監修だけあって心理学面からもアプローチしてマッチングしやすいという特徴があります。何だか親近感がわく作りになっています。

2人の共通点が分かるので、自分にふさわしい異性の存在が見つけやすくなります。共通の話題がない人と話すのって疲れるときがあるので、最初から好みが合いそうな人を紹介してくれるのは嬉しいですよね。

事前に共通点を知った上で話をすると、きっかけがつかみやすくずっと連絡を取り合うことができますし、話が盛り上がること間違いなし。リアルで出会ったときにも趣味の話などで会話がはずむので好都合です。2人の関係がより親密なものとなりやすいのですね。

皆にバレない

友達にばれない恋愛・婚活マッチングアプリのwithは、フェイスブックと連動していますが、活動していることがフェイスブックの友達にバレません。本名が表示されることはなく(イニシャル表記)、フェイスブックのウォール上に反映されることもありません。

フェイスブックの友達の検索結果やタイムラインに出ないことから、仕事関係やプライベートの友人にバレませんので、安心して活動できますね。

サクラ対策が万全

マッチングサイトなどでは、やはりサクラの存在が気になります。

ウィズは、登録するためにフェイスブックのアカウントが必要ですが、同時に友達が10人以上いないとダメです。このため、サクラは入り込みにくい環境になっているのです。

24時間365日いつでも安心して使えるように、監視やサポート体制も整っています。プロフィールや年齢確認画像は厳正にチェックされています。悪質ユーザーは強制退会されますし、不審なプロフィールは非表示になり、ユーザーによる通報システムもあります。

withの運営会社が大手

株式会社イグニスは、新感覚スマホRPG「ぼくとドラゴン」などのスマートフォン向けアプリを手がけている急成長中の上場企業です。「だーぱん」という可愛らしいパンダが登場する便利系アプリでも有名ですね。

怪しい出会系アプリとは無縁な会社ですので、安心安全です。

男女の比率がちょうど良い

男女比率ウィズは会員の男女比が6:4でちょうど良いのもポイントです。

女性無料の場合、男性側はどうしてもお金を使いたくないので男性会員が極端に少ないことがあります。それゆえ女性がすぐに退会してしまったり、サクラが多いケースもありますね。

取り敢えずアカウントだけ持っていて全く活動しない会員は少なく、本気で恋活・婚活している人が多いです。メッセージを送るとすぐに返事が返ってくる感じですね。

会員数が増加中

会員数が増えるグラフウィズは厳正な監視システムを持っていますし、フェイスブックを利用しているのでサクラが侵入しにくいため安心して恋活や婚活をすることができます。

心理学や占いなどが好きな20代から30代の女性が多く活動しています。女性会員は、2017年3月現在で79,178人います。2016年以降かなりの勢いで会員数も増えてきていますし、男性の有料会員の割合が少ない今、男性にとってはかなり有利になっています。

他のマッチングサイトよりカップルになりやすいという評判も高く、真剣に異性と出会いたいと考えている人にはちょうど良いアプリといえますね。

心理学を応用している

ウィズは、出会いやマッチングに心理学や統計学を利用しています。メンタリストDaiGoさん監修という点が、他にはないマッチングの高さを実現しているのです。

質問形式で性格診断をして、自分と同じ価値観の異性にアプローチできるようになっているので、ムダがありませんよね。

異性会員との相性が○%と表示されるアプリは過去にもたくさんありましたが、いまいち信頼度にかけるというか、何を根拠にしているか分からないものもありましたが、ウィズなら、心理学を応用しているので2人の共通点の数字は確実性が高いでしょう。

でも、この数字ばかりに頼るのではなくて、自分で相手を見抜く目を養うのも大切なポイントですよ。

withはちょっと割安

安い同じフェイスブックを利用した恋活・婚活アプリの「pairs(ペアーズ)」や「Omiai(オミアイ)」と比較すると、ちょっと安い料金設定になっています。

現在、1ヶ月間だけ無料で、有料会員をお試しできるキャンペーンを実施していますので、今のうちに登録するとお得ですよ。

ウィズは、パソコンやスマホのブラウザでの決済とアプリでの決済で、料金が違うので注意する必要があります。

クレジットカードを持っているなら、パソコンやスマホのブラウザ決済が一番お得です。アプリからでなくて、SafariやらChromeなどのブラウザからログインして料金の決済をするのです。12ヶ月プランで一括21,600円(1,800円/月)となります。

これがAppleID決済になると、12ヶ月プランで一括24,800円(2,070円/月)となり、GooglePlay決済なら同プランが一括24,000円(2,000円/月)になります。

パソコンで決済しても、どの端末でもアプリで利用できるので、どうせならクレジットカードでブラウザ決済すると良いでしょう。

月額料金に加えて、プラチナプランというのも用意されています。2,800円/月(AppleID、GooglePlay決済なら3,400円/月)で、毎月のいいね!数が30回から50回になったり、足あと閲覧制限が5人から無制限になるなど、恋活・婚活を有利に運ぶことができるようになります。

検索結果で上位に表示されるようにもなるので、自分をしっかりアピールできますね!

omiaiのプレミアムパック(月額3,980円)と比べると、やはり1,000円ほど安くなっていますから、ウィズの方がお得という結論です。

※こちらの料金は執筆時のものです。できるだけ更新するように心がけていますが、正確な料金はwith公式サイトをご覧ください。

withの評判

 

withがオススメの人

若い女性と出会いたい人

女性会員は20代前半から後半が多く、ペアーズやオミアイなどよりも年齢層は低めです。婚活よりも恋活をしている人が多めの印象ですね。

そうはいっても真剣に結婚を考えている人も多いです。あまり重く考えずに、気軽に婚活に使えるアプリといえるでしょう。

他のアプリで上手くいかなかった人

心理学や統計学を応用してマッチングしているので、他のアプリで上手くいかなかった人でもチャンスが広がっています。2人の共通点を見つけやすいのですね。

他のアプリで活動しているけど、イマイチ理想の人に巡り会えないという人や、婚活アプリ初心者の人などにもオススメできます。

with(ウィズ)は、名前が似た悪質アプリがある

悪質アプリにもWITHという名前のものがあります。

たとえば、iPhoneアプリの「出会い&友達探しはWITH ~ 今すぐ会える無料のチャットSNS」。サクラがたくさんいて、ポイントを買っても出会いのチャンスはほとんどありません。

その他にも、「with」という似た名前のアプリがたくさんありますので、「メンタリストDaiGo監修の株式会社イグニス」が出しているwith(ウィズ)と確認して登録してくださいね。

こちらのページから登録すれば本家のwithに安心して登録できますよ!

まとめ

ウィズは、気軽に試せるアプリですが、真剣なお付き合いを望んでいる人も数多く登録しています。フェイスブックと連動しているので、年齢などのプロフィールに嘘をつくことができませんし、友人にもバレずに安心してお相手を探すことができます。

最近出会いのチャンスがないと嘆いている人は、まずは行動!アプリに登録して性格診断を受けてみましょう。ウィズのコンセプトは「運命よりも確実」です。メンタリストDaiGoさん監修らしいと思いませんか?

確かに、運命的な出会いは待っているだけでは訪れません。自分から勇気を出して行動することがカギです。ほんの少しの勇気ですから、気軽にはじめてみると良いでしょう。

-出会い系アプリの比較

Copyright© 出会いノート , 2018 AllRights Reserved.